有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続き5月のまと・・・・・・

・・・・・・と云っても、静岡の後は延々仕事仕事仕事仕事仕事仕事仕事で休みも全く取ってないんで、後半で書く事は何も無いんですが(ぉ

昨日の続き「有楽町」です。

★フジミのスカイラインジャパンも「一応」買ったのですが・・・・・・
前期型特有のパーツを他のジャパンキットに流用するための部品取りに、と思ったら独自寸法?のお陰でほっとんど使えねーでねぇの。

ていうか

まともに作るには逆にこちらへ他のジャパンから使えそうなパーツを持ってこなきゃいけないとか(苦笑)

てなわけで、いっぺん仮組みだけして放置プレイです(ぉ
そんな必死こいて作るほどまで好きな車じゃないし~(Taku兄ぃスマン)

★そこで月並みで申し訳ありませんが
トミーテックに金落とした2本の話を。

ミニカーのトミカリミテッド・ビンテージNEOの新作、オペルカデ・・・いすゞジェミニです。
最初のモック発表から2年ちょいも掛かっての発売ですねぇ~
初めてモックで発表された時のZZRグレードですね。

こんな必死ぶっこいたやんちゃグレードではなく、同じウレタンバンパーモデルなら1台は折角の赤なんだから同時期のCM出演グレードである1800LTエレクトロディーゼル辺りのほう良かったなと云うのが本音ですね。
ミニカーの出来としては先だっての2代目ジェミニ(の、特に先に出た3型C/Cのほう)での反省点がある程度フィードバックされている気がします。

この代のジェミニ、ワタシャ前期の末期(つまり逆スラント顔の角目)のセダンでブルーのサンルーフ付きが欲しいでござんすよ。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
「運が良ければナビさんとダーツ付き」(ぉ

つーかその2代目のHBLと云いこれと云い、このシリーズのジェミニはどーして必死ぶっこいた以下略グレードになると出来がまともになるんだ?

・・・・・・おまけ。ひと月くらい前にmixiのほうでちょこっと載せたんですが、その出来が個人的にアレだった3型C/CにBe-1の屋根部品加工流用してユーロルーフにしたでござるよの巻。
ヘッドライトの取り付け方がこうなってるモデルが多すぎるんだよこのシリーズは(呆)

・・・・・・今更になって思ったのですがこのネタ、2型HBLのブルーをベースに細部の塗装変えればなんちゃってでワタシの若葉車仕様になったかも知れません。履かせてたホイールはBBSじゃなくてスカッキエーラ(ぇ でしたけど。
尤も、HBLとC/Cではブルーの色合いが全然違いますがねー(更にHBとセダンで違わぁな)

★トミーテックもういっこはもう定例ですが
新シリーズの「プラス」を。
一発で全3匹アタマ数揃える自信が無かったので、こちらも「プラス」で4つ買いました。
因みにネタが尽きたのか、もう例の「箱を底から開けたら・・・」イベントは何も無いです。残念。

この時点で触れる点は(本来既にアップされている筈の静岡レポートと重複しますが)箱の大きさ。
天地横幅は従来シリーズと共通で、厚みだけが増しています。
これ、カートン単位で陳列した場合に従来シリーズと同じスペースで並べられるようにするための措置なんですって。

従来シリーズが4箱×2列で1カートン、一方のプラスは3箱×2列で1カートン。
つーことで、単純計算で箱の厚みが約1.3倍と云う事になりますね。

無事「トリオ・ザ・プラス(ぉ」3匹が揃ってノーマル側で揃いました。
アタマが動かせるってだけで、こーんな昭和のアイドルグループ調?な配置もサマになっちゃうのさね。

さて、保険のプラスワンで買った1個は何だったかと云うと、富山娘のバリエーションでした。
背景に置いてるのは、静岡のトミーテックブースで富山ライトレール社が販売していた開業5周年記念乗車券です。

左腕が帽子に手を添えるポーズとなっているノーマルと違って、アタマの可動範囲に自由度があるバリエーションのほうがいいですねぇ・・・・・・

★お待たせしました(誰も待ってません)
毎度御馴染みの接写バストアップショットで3匹それぞれを。

社会科職業体験(富山市立岩瀬中学校2年生)(ぉ
うむ、やっぱり鉄むすはこのガキっぽい感じでなきゃ(殴
以前にも触れましたが、今回はやっぱり富山開始のお知らせって感じがします。圧勝。
みぶなつき絵は立体化したらガッカリと云うのがだいたいの通例なんですが、これはそのガッカリ感も珍しく少なめ。
みぶセンセの作画のイメージに限りなく近い再現ではないでしょうか。

新番組『新幹線物語'11春』((C)近藤照男プロダクション)(ぉ
重量級のパーサーバッグをスカートのダボで固定するというアイデアは○
試作品のイメージから製品になって一番意外だったのはこの「みずほ部長(違」でした。
顔の造形が全然怖くないんです(3月3日付記事参照)
2種入っているフェイスパーツの、口閉じたほうをセットした状態なんですけど、奴の顔が怖いのは「歯が見えている」のに起因していたんですねぇ。

服脱いでも透明人間にはなりません(ぉ
奴はどーいう状況での表情なのか、ちょっと解り辛い。悪くは無いですけどね。
ふぃぎゃーが大きくなってもキャラクター数最多を目論み続ける東日本最長保有路線の私鉄より。
なんだかこいつの場合、目線と口の関係から目線方向へ見上げるポーズにアタマの向きを動かすのがどーしても自然になってしまいますね。
「東武オールスターズ(違」の新人は、メンバーきっての鼻の高さと顎の細さを誇っています。

さて新シリーズの特徴は頭部が可動するのと表情違いのフェイスパーツを交換できる事ですが、後者は互いの異なる娘同士での交換は不可でそれぞれの専用パーツになります。
それも両目開いてるかウインクしてるか、とか、口開いてるか閉じてるか、とか、バリエーションに富んだフェイスパーツとは思えませんですね。笑ったり怒ったり泣いたり呆れたり、みたいな感情変化があってもいい気がしましたけど、まーそこは人それぞれ・意見それぞれでしょうかね?

ただ、可動とフェイスパーツ交換のために取り外せる頭部には互換性がある(つまり首の寸法は同じ)ので、「富山の中学生が東武鉄道やJR西日本で職業体験(ぉ」なんて遊び方は可能ですねえぇ。

★こんな感じで別に何の義理も無いのに
トミーテックにはミニカーやら人形やら電車やらと遍く金落としている気がするワタシですが、そーいやあすこの製品にはもうひとつ、塗装済みの飛行機やヘリコプターのプラモデルがあったなぁとか思い出しました。

んが、アレってあんましお店で見掛けませんよねぇ・・・・・・?
スポンサーサイト

気がついたら5月のまとめ。

あれよあれよと云う間に5月も終わりですねえ。
「有楽町」でございます。

★静岡のレポート
・・・・・・をポツポツ纏めて、昨日帰宅後にちょこっと校正すれば即アップできる、と思ったらHPBのページ更新分のファイル(未ファイル転送)だけドカンと飛んでしまいまして。
サイトリニューアルに伴う新デザインページは辛うじて自動更新が掛かっていて復元できましたが・・・・・・
未だに操作性がよく分からない「12」です(汗
・・・・・・テキストデータはキレイサッパリどこかへ消えましたので目下捜索中です(どっかに隠れているのは確かだ)
毎度の事ながら速報性の無いアップになりますが、しばしお待ちを・・・・・・そんなわけで

★レポート外の静岡
当日は前日所用で町田に居たモンで、新幹線はいつもの新横浜ではなく小田原から乗りました。
静岡は通過するのに岐阜羽島には停まる不思議なひかり号とか・・・
アレですね、普段ひかりやのぞみが平気な顔して停まる新横浜や品川に慣れているせいか、ポンガポンガと通過線を突っ走っていく新幹線を惨めに見送る退屈なホームでしたねぇ(笑)
こだま号で静岡入りするのも久々な気がします。まー、静岡なんてこだまだろうがひかりだろうがのぞみだろうが、そうそう大差なく感じますがね。
豊橋くらいまでならこだまも苦ではないですが、こちら方面からだと京都越えが結構疲れますねー

さて話が脱線しましたが、静岡には8時ちょい前に着いた感じでしたか。
駅ビル側のバスターミナルが完全に新しくなってたのが去年との差
毎回毎回、新幹線側のしょぼい駅舎ばかり撮ってるんで、パルシェ駅ビル側から。

石原裕次郎「やー、静岡も久しぶりだなぁ・・・・・・(見物人見回して舘に耳打ち)行くとこ行くとこ、こんな感じ?」
舘ひろし「そっすねぇー」
みたいな。

何はともあれ、GARAGE24へのご挨拶には何か作品を持って行かなきゃいけないようなそうでないような気分から、そーいえば今年入ってから製作に取り掛かったもので完成したものが車だと何も無いんですね。
で、とりあえず持参したのは去年のオー集からビート、あと当時大破して持って行けなかったプリウスとプレリュードを・・・・・・
今回、模型電動士さんが会社の運動会と同窓会の関係で日曜日のみの参加でした。
・・・・・・だけど今回のテーマが
n-hirobeさんのマーチのウケが(特に女の子に)良かったのをやたらと悔しがっていた模型電動士さんが印象に残ってます(ぇ
劇中車なんですね。当方テーマに沿ったモン何も無し!(ぉ
昔は確か十八番の筈だったんですけどねぇ(ぉ
その点ちゃんと「相棒」のGT-Rを用意してきたnagaちゃんはさすが社会人になったんだなぁと思いました。

今年はワタシとTaku兄ぃが(正式)参加した「Car-Pla-Net」名義最終年以来の「壁サークル(ぉ」
お隣のS.E.M様が大所帯だった事もあり、ワタシはブースの「内側」へ入るのは遠慮しときました。出たり入ったりするとジャマんなりそうだったからね。

・・・・・・あーそうそう、今回も宿は清水に取りました、と云うか例のサンルートさんから5月早々にまた連絡が来たからなんですが(笑)
義理堅いのですよワタシは(殴

★さてそんな感じで
モデラーズクラブ合同展側の話だったわけですが、こちらについては実はこれでレポートは全てです(ぇ
いや勿論、毎年この場でお会いできるモデラー様の方々(saba32さんとかー、muttiさんとかー、matsuさんとかー)と何だかんだ(余計な事も含めて・笑)駄弁ったりはしたんですが、今回写真(作品)はびた1枚も撮っておりません。

なんでか?多過ぎて写真の整理が出来ないから?

いやまあ、それも多少はあるんですが、まぁ例年の話とは云え矢張り人が多過ぎて見て回るだけで疲れるんですね。
写真を撮るとなるとその人の流れを遮る・・・・・・と云うか、逆に写真撮っている人に動きを遮られて満足に作品を鑑賞する事すら出来ない状態。
そこで敢えて今回は「モデラーズクラブ合同展では一切写真を撮らない」と云うのをひとつのポリシーに据えてみました。
正直後悔してますねー。だってワタシが誰のどんな作品に興味持ったかとか、文章だけでは伝えられんしね。

ホビーショー側のレポートは別途アップとしまして、文字数もかなり割いちゃいましたんで5月後半については明日に続く。

大型連休

「有楽町」です。
最近なかなか更新できず、ほぼマンスリー状態になっていますねこのブログ(汗)

★表題通り
本日は巷で言う「ゴールデンウイーク」の所謂最終日でございました。
うちワタシのお休みは4月30日、5月3日と4日そして今日8日。例年から考えると割と休めたなぁって印象です。
ただこの通り飛び飛びでしたんで、そうたいした事も出来ませんで……

強いてこの休みでやった事と云えば、5月3日に部屋の邪魔なものをレンタカーを借りて運び出したくらいですねぇ。
積みプラ、季節もの、家電の部品取りスペア等々、日常では使わないのに部屋で場所を食っているものを、月数千円で貸し出している所謂「レンタルボックス」を借りて保管しようと。
概ね1畳半位の広さで、最初はあまり容量的に期待できませんでしたが、いざ入れてみると案外入ったなぁと云う印象でしたねー。

この他にフジミのビッグホーンやアオシマのサファリなど、大きい箱のものが床に10個くらい……

積みプラは主に未着手なカーモデルを運び出し、着手済み・製作中のものやカーモデル以外は部屋に残したんですけど、それでもこんなにあったんだと運び込んでから眩暈がしました(苦笑)
写真で載せている分のうち、3割強位が貰い物と云うのもまた責任重大な話でええ(ぉ

★……とは云うものの
この積みを減らそうにも、先述通り今年に入ってからどうにもこうにも気分的にカーモデルを作る気にならなくてですねえ。
前回触れたトミックスの三陸鉄道36形の資料収集の間に全く他のキットを着手しようかと手持ちを物色、候補に挙がったのが……

1. 小惑星探査機「はやぶさ」(アオシマ1/32)
さっさとサクサク作ってしまえそうでしたけどね。
当初の話題性からするとだいぶ時期が過ぎた感もありますが、少ないパーツ数でサクサク作れそうなんで気分転換には丁度いい気がします。ハセガワのフィニッシュシート「平面偏光」の在庫が尽きないうちに着手させたいですね。

2. F-15Eストライクイーグル「アイドルマスター 如月千早」(ハセガワ1/72)
箱の大きさが丁度1/24カーモデルの標準サイズと同じ
発売されて早々に嬉々として(殴 買ったはいいけど、なんせ再ロットを打たない一発モノなんで正直失敗が怖くてとっつき難かったキットなんですよね。飛行機自体全然スキルがないんで(ぉ
本命の千早とは別に、どーでもいい娘(ぉ のを練習用に買っときゃよかったなと後悔。

3. VF-25Fメサイアバルキリー(ファイターモード)アルト機(バンダイ1/100)
いやまあ実売で¥1,000を余裕で切っちゃう手軽さについ(ぉ
あれま、何気に最新キット(笑)
実は一番直近で買ったキットがフジミのローレルでもアオシマのインプレッサでもタミヤのLFAでもなくこれなんです。
ハセガワのVF-1J(1/72)とセットで作りたいと思ったら、バンダイのファイターモード固定モデルは1/100スケール。
一緒に作るならVF-1Jはウェーブ製を買うべきでした。バンダイのこー云う「俺様スタンダード」なところが嫌いだ(ぉ

……の3つになったんですが、偶然だか何だか
なんとまぁみんな空モノじゃないよ?え?
サクサクいけそうな順だと、バルキリー>はやぶさ>千早、ですかねえ……

★それはそれとして
先日、例年通りアオシマのWさんから招待状が届きました。

お馴染み「3部在中」(ぉ

会場でも配られるパンフレットと、業者招待日用の案内状、「静岡ホビーウイーク2011」のチラシが3部ずつ。
例年通り業者招待日の有休は取れませんでしたので、今回も一般日の土日でお伺いします。土曜日がどうにか調整ついたんで、丸2日静岡に居られそうです。
会場で見かけたらお気軽にお声掛けてください(ぉ

ところで今回の静岡は50回目となるわけですが……

いや相変わらずアメリカンではあるんですけどね、ええ(笑)

なーんか今回の絵柄はツッコミどころがねぇなぁ(殴
一番手前の自動車は、年度的にはGT-RよかLFAが良さげなんだろうけどね。
あと気付いたと云えば戦艦と旅客機(共に種類不明)はそーいや、ここ数年同じもののような気がします(ぉ

1/24のポルシェ962Cだか何だかを作ってる縦縞シャツのオッサン。
「ヘイ!クルマはエナメルで筆塗り仕上げだぜ!」
って辺りがアメリカンでしょうか?(レタッチか墨入れかも知れんが)

新年度

久々の更新であいすみません、「有楽町」です。
通常営業通常営業言っとき乍ら、なかなか更新ネタが纏まりませんで、申し訳ない限りです。

★さて表題どおり
新年度ですね。
先ずは新入学・新社会人の皆様、おめでとうございます。なんだかいろいろと大変な時期と重なっちゃいまして、学校や会社もなかなか思うようにすんなりとは動けない状況にあるところもあるかと思いますけど、それも時間の問題だと思うしかないですね。

3月11日の件につきましては、この席ではノーコメントとします。
なんつうか、被災云々とは別に今回はワタシ自身の精神的な部分でも随分堪えたんで、もういちいち触れたくないです。
(こちらが止まってた理由のひとつでもあるかもしれませんね)
会社で3年間の任期となっていた災害対策責任者の、本当に任期の最後の最後でかち当たってしまいまして、先月は6日と21日の2日しか休みが取れませんでした。いや、この状況で2日「も」休めたので割と御の字だったかもしれませんね。

極めて個人的な話をすれば、19~21日の三連休で珍しく休みがフルに取れた(取った?)ので、函館に行くつもりだったんですよ。
寝台特急「北斗星」に一遍乗ってみたかったのと、あとはゆのとかれんとのダブルデート目的(殴 で。
暖かくなった頃にでも、改めて計画しようと思っています。が、不謹慎上等で叫ばせてください……

何も数年に一度取れるか取れないかの連休に合わせてこんな事態になるこたぁなかろうによ!(大泣)

本当に意地悪な話だよねぇ(ぉ

★本当はこの新年度に併せて
サイトの全面リニューアル作業を進行していたのですが、延期になってしまいました。
古いものと最近のものとで掲載形態が異なるのを統一するのもあるのですが、一番の目的はサイト内容自体を変えたかったのがあります。

今年に入ってからが顕著なんですけど、どうもカーモデルをやる気が起きなくてですねえ。
そいでいっそ、カーモデルのサイトというスタイルを辞めようと考えております。
今着手しているカーモデルが昨年末から触れているようにアオシマのカウンタックでして、当初これが終わった次はエルエスのスカイラインジャパンかタミヤのコロナエクシヴを予定していたのですが、ちょっとここいらでクルマから離れようかと。

次の候補を手持ちから幾つかピックアップしているところですが、うちひとつは一番最近入手したこれに手を付けようかと思います。

物が小さくて被写界深度が稼げないんで、大きいサイズで撮ってトリミングしました。

トミックスのNゲージ鉄道模型、三陸鉄道36形。
現状は室内灯を仕込んだ程度で、ご覧の通りマーキングも未貼付。細部のディテールアップとマーキング、あと余裕があればディスプレイケースサイズで簡単なジオラマみたいなモンでも作れればいいかなと思っています。
なんせ本人、これを走らせる設備持ってないんで(殴

マーキング、行先表示がもとから1両分(ふたつ)ずつしか入ってないんで、あんなちっこいモンを自作しなきゃいけなくなりそうです……

そーいえば三陸鉄道、従業員全員無事の報せにはホッとすると同時に驚きましたね。
運行中の列車が一本流されて行方不明と聞いていたのですが、乗客乗員は皆無事に避難した模様で。

アレ以来すちゃら……ありすが妙に愛しくてなぁ

ただ「私の嫁は無事です」と云う社長のコメントは無かったですねぇ(ぉ
不謹慎と思ったのかも知れませんが、広告塔(?)の安否は大事な情ほ(殴

なんとかGW近辺でリニューアル作業が終わればいいなぁ、なんて思っております。

休止中のおまとめ・その2 ~2月のまとめ・その1~

前回のお約束通り、水曜日の夜が来ましたので2月分の纏めをさせていただきます。
「有楽町」です。

★去年も足を運んだのですが
2月のアタマに地元ランドマークプラザにて開催された「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」へ行って参りました。
mixi掲載写真より。場所柄、子供連れが多かったです。
以前、会場隣の「カツミ模型店」で買い物した際に顧客登録していたので、葉書が届いていたんですね。

で、今回こんなところへ出向いた目的は……

永らくその詳細がブラック状態だった『鉄道むすめプラス』が公式初発表されるぞ、という噂を聞きつけてですねええ。

同じくmixi日記掲載の写真より、ポートラムアテンダント「岩瀬ゆうこ」以外のキャラ初披露のコマーシャルボード

鉄道模型見に来たんじゃねぇんかい!(ぉ

発表されましたキャラクターは3匹。
人ごみからカメラだけ前に出して撮ったので見事にぶれちゃってますが……
九州地方2匹目は特急「ゆふいんの森」の車掌(ゆふいんレディ)を出して欲しかった……
九州新幹線全通記念と云う事らしく、新規事業者から新キャラは新幹線パーサー("新"ばっかりやの)
「倉敷みずほ」(株式会社JR西日本フードサービスネット)
それでもまだ「運転士」のカードを切らずに残す東武鉄道って一体(苦笑)
で、新シリーズに移っても相変わらず最多キャラ数独走を目論んでいるこの会社(殴
当該事業者6匹目は、運転士にばかり気を取られていたけどそういや車掌もまだだったんだと思い出させた
「川越あさか」(東武鉄道株式会社)
北陸地方2匹目。レギュラーシリーズで欲しかった……って、キャプション不満ばかりやん(ぉ
そして新シリーズ初発表時から唯一紹介されていた「岩瀬ゆうこ」(富山ライトレール株式会社)

いやね、当初から商品展開がレギュラーシリーズと同じく1シリーズ全6匹でアナウンスされていたんで
「そんじゃ残り3つは何なんだい?」
と、mixiの日記では触れていたのですが、残りは後日判明。

こいつらそれぞれのバリエーション(多分制服の季節違いとか?)なんだとさ。

なんじゃそりゃ。

★何が「プラス」なのかも
今迄全くノンアナウンスだったのですが、箇条書きでこんな感じ。

・ふぃぎゃーのサイズアップ(約9センチ⇒約12センチ)
・ボールジョイントによる頭部可動ギミック追加
・フェイスパーツ交換による表情バリエーションの拡大

てな感じで「顔だけfigma」「顔だけmobip」状態をイメージすればいいんでないかと思います。
実際の試作品もモックを飛ばして既に殆ど製品状態のものが展示。
大きくなって一番実感するのは「足首の細(殴
レギュラーシリーズ(Vol.8の栗橋みなみ)を比較サンプルに大きさの違いを示しておりましたが……
目測スケール比1/18:1/12ってとこかな。このサイズで大月みーな(私服)があるとたまらんな(ぉ
……展示場所が微妙なもんで、こんなアングルしか狙えませんで(泣)

どうしたもんかノイズが乗っちゃいましたが、それぞれのアップも狙ってみましたよ。
倉敷みずほ(九州新幹線パーサー)表情がキツくてちょっと怖い……
岩瀬ゆうこ(ポートラムアテンダント)みぶなつき絵に劣らぬ造形を達成したのは初めてかと(私感)
川越あさか(東武東上線車掌)「東武オールスターズ(笑)」の中では珍しいシャープフェイス

……。
…………。
富山開始のお知らせ発動!
(なんだそれ)
レギュラーシリーズを見慣れた所為か、実年齢より若干子供っぽく造形されるほうが馴染みがあるのかも知れんです。レギュラーシリーズ当時はそこを散々貶していたのに……中学生の職業体験か?とか(笑)

★バレンタインデー
でしたねぇ。最近は男女関係なく、親しい人同士でチョコレートを渡す「友チョコ」が流行りとか。
まー元々、この日の「女性から好きな男性へのプレゼント」という風習は日本固有のものだったと思いますが。

今年は3つ戴きました。
社会人になると、どちらかと云うと「お世話になってます」的意味合いが強いですよね。
焼酎「さつま白波」をウイスキーボンボン宜しく入れたロッテの「本格焼酎チョコレート」がツボでした(笑)
もうね、このイベントに色気があるのは十代までだと思うんですよええ。
ていうか逆転の考えなんですが、女性も女性で成人してからはバレンタインなんぞで色気あるイベントを依存しちゃいけないと思いますね。告白なんつうタイミングは、自分で見極められるトシなんですから。

因みに例年適当なプラモデルの相方からは、今年は富技リミテッドのBe-1(イエロー)を頂戴しました。
バブル期のファンシーグッズの贈り物みたいやね(笑)
そーいや中学生ん時に同級生の女の子から誕生日プレゼントで貰った記憶がありますBe-1グッズ。ステーショナリーセットだったかな?

★君は誰とキスをする?
↑それはトライアングラー、で、話題はトライポッド。
何だかんだで20年振りになるのですが、新しい三脚を買いました。

その20年前に買ったのはベルボン・マーク7SVのアカデミアスペシャルと云う、店頭販売は無い写真学生専売モデル。ベルボン社の直販か、美大の大学生協なんかでのみしか買えなかったと記憶してます。
因みに市販のマーク7SVとの相違点は脚の色で、ダークグレーの市販品に対して梨地仕上げのオールブラックとなっています。実習で例えば複写とかする際に、画面に三脚の映り込みを極力抑えるための仕様です。
SVってのは「ショートバージョン」の事でして、ノーマルのマーク7ですと伸長で190センチを超える(平均的な身長の成人だと開いた足の中に入って直立できる!)ところを155センチ程度に抑えたフィールドモデルなんですね。

重量が5キロ弱ある、当時国産のフィールド用では最重量級の三脚でした。脚のパイプ径に至っては、一番細い第三段ですら内径33ミリもある、兎に角無駄に頑丈な三脚です。
なんせ、阪神淡路大震災でビクともしなかったシロモノですから。
近年の写真道楽連中はカーボンだか何だかと、とかく三脚に「軽さ」を求める傾向が強いのですが、三脚にとって一番のタブーは「軽さ」だと思います。
手持ちの機材で最重量となる組み合わせの、最低で2倍の重量は必須だと断言します。
当時の手持ち機材で最重量となる組み合わせはコンタックスRTSll+ワインダーW3+ゾナーT*180ミリF2.8で概ね2キロ弱。で、国産で4キロオーバーの三脚を選んだらこれになったと。

もう学生ん時からあっちゃこっちゃぶつけて擦って乱暴に扱ってきたのでボロボロなのと、現在使っているデジタルカメラはご承知の通りコンパクトカメラのリコーGX200なんで、カメラに対して三脚があまりにも大袈裟すぎる。
ましてやこの三脚に標準の雲台(カメラをねじ止めする台ですね)は中判~大判カメラでの使用を前提としているため取付けネジ径が大ネジを基本としていて、一般的な小型カメラに使われている小ネジで装着するにはネジ穴にある程度の深さが必要なんです。コンパクトカメラだと穴が浅くてカメラが雲台から浮くんで、市販のスペーサーを噛ませて騙し騙し使ってました。

てことで前置きが長くなりましたが、つまり「GX200のための三脚」を買ったんですね。
カメラボディ+外部ファインダー+フード&アダプタ+テレコンバーター+市販汎用フード、と云う組み合わせが最重量状態で、これで概ね400グラム弱(!)
てことで、目標としては1キログラム強の重量のアルミ製コンパクトカメラ用三脚。それで選んだのが……

伊マンフロット社製7303YB でござぁす。
大きさ、先述のマーク7SVとこのくらい違います。
脚だけ開いた状態。マーク7SVは3段に対し、マンフロットは4段です。

雲台を天面に付けたままの状態での最低アングルでこの差
マーク7はエレベーターを外せば水平まで開脚します(!)雲台の大きさ分くらいの高さの差ですね。

最伸長状態でこの差
エレベーター長はどちらも同じくらいなので、段数が多い分マーク7に近い高さを確保。脚の太さの違いに注目!

先ほど触れた、GX200での最重量状態の組み合わせを双方の三脚に乗せます。
まず従来のマーク7
強風どころか地震が来ようがビクともしません。全重量の殆どが三脚(笑)

ほんでマンフロット
この組み合わせでもワタシは脚を伸ばす勇気がありません。せいぜい第2段~第3段の途中までかな……

因みに重量は「たったの」1340グラム。
……5キロ級を20年来使い続けた人間としてはそれが常識だったので、ただひとこと
軽いなっ!(ぉ
ハッキリ言って、そんなヘナチョコ三脚なんか役に立つんかい?と半信半疑であります。

★そこで本当に使い物になるのか
実写実験……ていうか、前日「ブラタモリ」観ていたら行きたくなっただけなんですが(笑)
夜の六本木ヒルズ展望台から夜景を撮ってみます。
屋外のスカイデッキから撮りたかったのですが、そーいやあすこ三脚禁止やん(実質ヘリポートだから風速がとんでもない、と云うのがその理由)ってのをチケット売り場近くで思い出し、泣く泣く屋内展望台から撮影。
mixi掲載写真より。19ミリ(35ミリ換算) F8.1 60秒 ISO64

72ミリ(35ミリ換算) F11.2 30秒 ISO64

銀塩だとシャッター開放で3~5分位露光すると建物の輪郭がピッと立って実に綺麗な夜景が撮れるんですが、デジタルカメラの映像素子ってのはどうも長時間露光時に過剰に高輝度を拾い過ぎるようで、同じような事をやると画面が全部真っ白に飛びます(笑)
ってんで、せいぜい開いて1分が限界。1分の露光中、ちゃんと安定して撮れましたので合格ですかね。2枚目は若干ぶれてる気がしますが(ぉ

軽量でケースも付いてきたんで、遠出のときに便利かなと思います。
ただ、やっぱりGX200で使うのが限界かな……同じデジタルカメラでもSLR機だとこんなんじゃ役不足だと思います。持ってないから別にいいけどさ(笑)

ただ、何が一番よかったかってこの三脚、定価が¥20,400+税と云う、コンパクトカメラ用三脚としてはとんだ高額品なんですが、旧品ゆえか某淀橋写真機店にて購入した際のプライスが……
¥6,800+税(ぉ
なんでこんなに安かったのかは定かでないです。多分過剰在庫のクリアランスだったんでしょうな……

★と、云った感じで
2月の纏めでした。長くて取り留めなくてたいした事も無くてどうもスミマセン。
来週から通常営業(?)に戻ります。

 | HOME |  »

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。