有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目は口ほどに物なんか言いませんよ、というお話。

今日は、ちょっといやな話です。

★今朝、いつものように会社へ出勤した私。山手から新橋まで電車に乗ります。
京浜東北線ですが、途中桜木町で降りて始発の大宮行きに乗り換えます。新橋まで行くには普通、横浜で降りて東海道本線に乗り換えるのですが、死にそうなくらいの混み具合とそれに対して然程早く着かないということもあって、私は桜木町始発の京浜東北線で座って行きます。

★同じ考えの方が同じように桜木町で乗り換えますので、座れる場所なんてのは選べません。その日は7時48分桜木町発で3号車の進行方向左側・2号車寄り端の優先席中央になりました。これが厭な思いをするきっかけでした。

3人掛け席の自分の右隣、すなわち車両の連結器側端に座っていた男……年の功は45歳前後か……が、頻りと自分の肩を押すんです。始発からずっと何度も。
男は座る姿勢を直すたびに私の右肩を肘で押します。私は特に場所を取って座っていたわけでなく、寧ろ足も肩も縮こまって窮屈に座っていたのですが、それでも男は押してきます。
東神奈川、新子安、川崎、蒲田、大森、品川、田町、浜松町……数えると8回押してきました。あんまりにも無神経なので、浜松町を出た8回目の時私も男に倣って窮屈に座っていた姿勢を直しました。ちょうど、男の左肩をを押し返すように。

★すると、なんか気配を感じるんですね。
男は押し返されたあと、じーっと黙ってこっちを睨み返しているんです。
私が男のほうを見て顔を合わせても、男は何も言いません。厭そうな顔でじーっと人のこと睨み付けています。
私が「なに?」と口を開くと、男は黙って前を向き直しました。
ちょうどそこで新橋に着いたので、私は馬鹿馬鹿しくなってそのまま降りました。

★人の肩を押すときも何も言わない。押し返されて恐らく何かを訴えたいのだろうけど何も言わない。

何考えてるんでしょうねぇ?

普通に座ってる私の何が悪いのですか?

★最近の通勤電車のロングシートは、着席数毎にセミバケット状になっております。お相撲さん並みの体形でもない限り、ひとりずつ決まった着席位置が確保されるようになっています。
これはそもそも「この席は○人掛けです」といった注意書きを掲げて、定員のはっきりしないロングシートで無駄なく乗客が詰めて座れるようにするためのアイデアですね。

それでも、狭いときはあります。そもそも電車の席なんてのは窮屈なものです。
ましてや今は冬。コートで着膨れもしましょうし。

★男が若しくは、無意識で私の肩を押していたかもしれない。しかし、相手の肩を押すということは相手は肩を押されている、ということは明白なのです。
押すほうにすれば相手は邪魔、押されるほうにしてみればこれ以上動けないから押される。
例えば邪魔ならひとこと「じゃま」とだけ言えばいいのです。
もし男が、私が邪魔で肩を押してるのであればひとこと、そう言えばいいじゃないか。そうすれば私の左、すなわち逆隣りの人にも「少し詰めていいですか?」とお願いできる。たったそれだけの事なのに。

人のこと黙って睨めばそれが伝わるとでも思ってるのでしょうか?

バカも休み休み言え。私はエスパーじゃない。

態度だけで、何でも自分の意思が伝わるとは限りません。相手に要求があるのなら言葉にしましょう。
さて、じゃあ私は姿勢を直して男の肩を押し返す形になったとき何か言ったかというと、何も言うわけありません。
だってそうでしょ?
その男は「何も言わなくても睨み付けられただけで相手の要求が伝わる」人らしいのですから(笑)

★今日はお蔭で1日気分が悪かったです。言いトシしたオッサンが全く情けない……男は私が降りたあとも乗っていたけど、私と入れ替わりにその席に座った方、非常識なゴミ野郎の隣で誠にご愁傷様でした( -人-)

しかしあの男、それほど窮屈そうに座っていたかというと割とゆったりと、ヘッドホンで音楽なんか聴きながら座ってんの。
確かに私は両端に既に座っていた席の、空いた真ん中に失礼したので邪魔だったかもしれなかったけど、左隣の人はちっとも困ってなかったし、そもそも席自体が3人掛けだし。

★兎に角、明日から時差通勤に努めようと思います。二度と隣り合わせにはならないだろうけど、あんな男と一緒の箱には収まりたくない……
スポンサーサイト

デジタルカメラのお話Part2

引き続き物が続きますが、前回の続きでデジタルカメラのお話。

★唐突ですが、新しくカメラを買い替えました。
前回、ある程度満足していれば新しいのを買い替える気にはならないと申しました。その通りで、今回新しく買ったのは別に「新しいデジタルカメラ」ではないのです。

★えー買いましたのはこちら、ミノルタのディマージュ7Hiです。
箱を見る限り、違いはわかりませんが……


ん?おんなじカメラ?
現物を見ましょう。

白と黒の違いだけのようですが……


一見、ボディカラーが違うだけのように見えます。
が、てんで中身が違います。単純な7iのアップデート版ではございませんで……

◎JIS規格シンクロターミナル搭載
◎自動露出時の測光範囲が低輝度側で1EV→-1EVまで拡大
◎↑に伴いマニュアルモード時のシャッタースピード低速側が4秒→15秒に拡大
◎モータードライブのコマ速が2コマ/秒→2コマ/秒・3コマ/秒・7コマ/秒の3段切り替えに
◎操作系のユーザーカスタマイズ機能追加
◎プログラムAEリセット後のリリセット機能追加
◎メモリのアップデートによる連続撮影時の撮影可能枚数増加
◎ホワイトバランスの「蛍光灯」に昼白色蛍光灯モード追加
◎圧縮率を抑えたエクストラファインモードの追加
◎AdobeRGBカラースペース追加
◎ICCプロファイルによるカラーマッチング

……等々、下に行くに従ってデジタルカメラ特有のアップデート的な機能追加になってきます。
ブラックボディの処理もいにしえのXD-Sみたいなストーン処理っぽい無駄に高級感溢れる仕上がりとなっています。古いミノルタファンへのサービス的要素ですね。
上5つくらいが7iの頃から欲しかったのですが、この7Hiは当時3000台の限定生産モデルで19万円もしやがったのですね。
で、銀塩から来た私ゃ「家電カメラに10万円以上出せっかい」ってんで、当時実売が10万円を切ったタイミングで7iを購入したのです。3年半前です。

★えーところが、今の今になって見つけてしまいました。売れ残りと思われる未使用品。
プライスタグを見ますと3万円ポッキリです。19万円もした物が3万円です。
当初から買う気が無かったカメラでしたが、今使ってる7iもミノルタ→コニカミノルタと2度ほどオーバーホールに出しているくらい使い込んでいたため、もうじき寿命かねぇとも思っておったので即買いしました。

★なにが言いたいかって、その凄まじい値落ち具合です。
やっぱりデジタルカメラって家電的な扱いになるのですねぇ~
おんなじような定価19万円の銀塩のカメラが、例えば中古で3万円まで値が落ちるには何年掛かるでしょうか?場合によっちゃ逆にアンティーク価値みたいになってUターン式に値が上がって3万円まで落ちない場合もあるかもしれません。
時を待たずして次から次へと古くなっていきますので、一種消耗品的な扱いなのかもしれません。
現行品の500万画素デジタルカメラを新品で買うとまぁ実売でこの位のプライスでしょうし。
さて、それはそれとしてふと思ったことがあります。

★次にこのカメラをオーバーホールなんかに出すときはソニーへ持って行くのでしょうか?
なーんか、おかしいと思いませんか?
ミノルタというと、かれこれ30年ほど前になりますでしょうか、当時のエルンスツ・ライツ社……現在は資本が変わって「ライカカメラ社」なんて色気もヘッタクレもない名前になったライカと技術提携を結んでいた事が印象にあります。
カメラボディの電子部品開発をミノルタで行ったライカCL(ライツミノルタCL)ですとか、一眼レフのR3(ミノルタXE)等々。
もうひとつ忘れてならない繋がりは、同じ大阪の大企業・松下電器。
ミノルタ製カメラのIC部品含む電気系統を供給しておりました松下。その見返りとして当時、ミノルタ製の全自動カメラの一部をナショナル/パナソニックブランドでOEM供給しておりました。
ここがポイントです。私は松下製のデジタルカメラにライカレンズのパテント供給を受けているのはこの繋がりがあるからだと勝手に思ってるのですね。

★一方のソニー。デジタルカメラのレンズにカールツアイスのパテント供給を受けておりますよね?
ライツとカールツアイス。水と油みたいな関係を一手に引き受けちゃったソニーの節操の無さに呆れましたよ。
ミノルタのシステムをそのまんま引き継いだデジタル一眼レフの「α」シリーズにカールツアイスのレンズがラインナップされております。
ライツとカールツアイスが「水と油」と先述しましたのは、この2社は操作系がまったく逆なことで有名なのです。
レンズのフォーカシング方向(ライツが逆時計回り・ツアイスが時計回りで無限遠)からカメラボディのシャッタースピードダイアル回転方向(ライツが時計回り・ツアイスイコンが逆時計回りで低速方向)など。
大概のカメラメーカーがどちらかの方式を取っており、ニコン・ペンタックス・ヤシカコンタックス(現京セラ)・リコーがツアイス方式、キヤノン・ミノルタ・オリンパスがライツ方式と記憶しております。
さて、ソニーαのカールツアイスレンズ。カールツアイスとミノルタではフォーカシングの回転方向が逆なのですがこの辺どうなってんのかと思ったらミノルタ式に統一されてます。

カールツアイス、寛大ですねぇ。
今後、ソニーのデジタル一眼レフにこのカールツアイスを自慢げにくっ付けてるユーザーが居たら指差して笑ってあげましょう(マテ

デジタルカメラのお話

今年入ってから毒吐きまくりなので、ここいらでちょっと普通の話を。

★皆さんはデジタルカメラをお持ちでしょうか?
ワタシもサイトを管理するに当たって使っております。銀塩の写真と違ってパソコンに取り込むときの相性がいいので。更新がリアルタイムなサイト様では撮影してすぐに取り込める便利さもございましょう。
はじめの頃は銀塩写真で撮影してポジ(ないしはネガ)をフィルムスキャナで取り込んでおりましたが、これだと写真がどうも硬くなるんですよ。多分スキャナや画像処理ソフトがしょぼいからだろうとは思うのですが。

★私が今使っているデジタルカメラはふたつ。まずひとつはその名そのものの「デジタルカメラ」で、ミノルタのディマージュ7i

過去のブランドになりましたねぇ

なんだかんだで6年モノの機種です。初代ディマージュ7はマクロが望遠側にしかなかったので(広角ほど寄りたいので、ズームレンズで広角が寄れないのは却下)コレにモデルチェンジしたときは嬉しかったですねぇ。
写りも良いし、なにより大きいのでしっかり持てるのが良いです。このデジタルカメラは2台目で、最初に買ったのは同じミノルタのディマージュEX1500という、レンズがユニット式に交換できる(標準レンズと広角単焦点の2本しかなかったですが)変わったカメラでした。
最近では500万画素というと、実売2万円台のコンパクトタイプにも当然のようになりまして、その辺に関してはあまり有難味を感じなくなりましたね。
デジタルカメラはこんな具合ですぐ古くなるんで、ある程度満足していれば新しいのを買い替える気にならないのですね。

★よく最近は「デジ一眼」なんて申しまして、かつての35mm判一眼レフカメラのような格好のレンズ交換式デジタル一眼レフがもてはやされてますが、大概のメーカーがその35mm判当時の銀塩システムを流用してるので、カメラの画面フォーマットが同じ24×36ミリでないと相当使い辛い気がします。
そんなもんですから、ワタシは35mmフルサイズフォーマットのカメラボディが10万円を切れば「考えても良い」くらいの感覚で見ています。

★もうひとつは、まぁデジタルカメラとして十分機能するということで「携帯電話のカメラ」ですね。

電池回収騒ぎで最近見かけない三菱端末

FOMAのD901is、三菱製のNTTドコモキャリア端末です。
「家電は三菱」がポリシーのワタシですので、ポケットベルの頃からずっと三菱です。そういえば三菱はデジタルカメラも出してはいたんですが、ことカメラに関してはデジタルであろうとなんであろうと「カメラ」である以上、銀塩時代からの所謂「写真感材メーカー」のものじゃないと、という気がします。
こちらは有効200万画素の最大400万画素で、ちょうどディマージュ7iが発売された頃のコンパクトタイプのスペックに近いです。
携帯電話のカメラですのでレンズはデジタルズームですね。かつてボーダフォン(当時)キャリアのシャープ製端末でしたか、光学ズームのレンズを積んだ携帯電話がありましたがアレ、最近はどうなんでしょうね?
デジタルズームですからちょっとズーミング(正確にはトリミングですな)するだけで一気に画質が落ちるので広角専用です。
ただ、このD901isのカメラが使えるのは兎に角「デジタルカメラスペック」なこと。レンズにガラス玉のEBCフジノンなんか使ってる携帯電話のカメラなんてドコモの三菱端末以外見かけませんね。画像処理エンジンもフジフイルムのファインピクス用CCDスーパーハニカムをを携帯電話用にリフォーマットしたもの。残念ながら現行のD903iでレンズ共々やめちゃいましたけどね。
オートフォーカスもジャスピンコニカやオートボーイなんて時代の赤外線アクティブ方式が多い中、コレはいっちょ前にTTL位相差検出方式(現在市販されてるオートフォーカスの一眼レフカメラとおんなじアレです)を採用してますので例えばガラス越しの被写体なんてモノはお手のものです。
コレで事足りるおかげでワタシは、コンパクトタイプのデジタルカメラを持っておりません。機種変更する際にこれの代替になるほどのカメラ機能を持つ端末を今後三菱電機が出さなかったら、その時がコンパクトタイプを買うタイミングだと思っています。

★ただ、携帯電話のカメラとして使うにはちょっと困った事があります。
広角専用とは申しましたが画角が狭いのです。35mm判換算で38mmくらいか。
カメラとして使う分には別にいいんですが、テレビ電話のときは狭すぎて使えません。かなり離して使わないと画面に自分が入りきれないので、イヤホンマイクでも使わないと声が上手く拾えない場合があります。
んなもんで、テレビ電話として使う際は別途ワイドコンバーションレンズ(画像参照)を噛ませないといけません。これはどこの携帯電話にも概ね共通する欠点のようです。
……が、唯一コレをクリアしているのが富士通製の「FOMAらくらくホン(歴代モデル)」35mm判換算で24mm程度の、かなり広角のレンズが入っていて普通に電話を持つ姿勢で画面に2~3人はラクに入ります。
携帯電話のカメラをテレビ電話専用で使うなら、選択肢はコレしかないと思います。

★デジタルカメラで便利な事がもうひとつ
テレビ画面を撮るのがとても簡単です。銀塩写真を撮るときはレンズにフィルターを噛ませたりテレビ側の色を調節したりして色を作るわけですが、デジタルカメラだとホワイトバランスとカラー調整がカメラ側で出来ますからね。
テレビ画面を撮るときは他の光が入らないように部屋を暗くして、シャッタースピードを1/15~1/30(テレビのフレームレートが秒間25フレームなのでコレよりシャッタースピードを速くすると走査線が写っちゃいます)にセットしてシャッタースピード優先AEで撮ると良いと昔から言われております。コレはデジタルカメラでも同じですね。

右の犬は人間の言葉をしゃべる

上はちょうどコレ書いてる最中にやっていた子供のアニメを撮ってみたわけですが、最近のアニメだとフレームレートが高いのか上記のシャッタースピードだと……

ただ、1枚1枚セル画を描く時代じゃないので仕事はラクか?

……こんな風になっちゃう時があります(^_^;
動きのあるシーンは注意しましょう。ちなみに両方ともマニュアル露出で1/20秒F5.6(ISO100)
ホワイトバランスを太陽光設定にした上で、銀塩のCCフィルタ換算でマゼンタ10:イエロー20程度のフィルター設定が入ってます。
テレビ側でのカラー調整はしておりません。
あー、それより昨今、テレビの画面なんか写真に撮る人なんてどれくらい居るんかね?(笑)

4つの車輪が付いた鉄の塊のお話Part2

前回に引き続き、お車のお話です。
ウインドウサイズによってレイアウトがめちゃくちゃになる今までのテンプレートから、今日から安定したものにチェンジしました。
矢印がカッコ良くて気に入ってますが、如何ですかね?

★前回「クルマ好きが乗ると思われがちなクルマ」という話題にしましょうと予告しましたのでその辺のお話なんですが、俗に言う「クルマ好き」でどうも肌に合わないタイプというのがあるんですね。それで、これから挙げる「クルマ好き」について皆さんは如何ですか?というお伺いも兼ねて述べてみます。

1.イタ車乗り
最近流行り?の「痛車」乗りではないです。イタリア車乗りです。
特にフェラーリとアルファロメオのオーナー。
彼らはなぜ初対面の人間に対して常にタメ口なの?
もうひとつ、彼らはなぜ頼みもしないのにヒトのクルマの品定めするの?
これ、永遠の謎なんですよねぇ……俗に「Tipo系」と呼ばれる「おいらは細胞の隅から隅までエンスーでぃす♪」と全身全霊で表現したがるお方にこの傾向強し。
自動車評論家気取り?自分と同類じゃないクルマ乗りはみんな目下扱い?
んー、そういえばドライビンググラスと肩から掛けたカーディガンを必須アイテムとするのもこのタイプですよね(笑)
ただ、不思議なモンて同じイタリア車でもフィアット乗りは憎めないんだよなぁ……なんか妙に腰低いし。

2.何が何でも形式で呼ぶ「俺ってクルマ詳しいだろ?」野郎
これって昔は居なかった気がするのは気のせいでしょうか?
形式で呼んじゃいけなくは無いと思うんだけど、車名で呼んだのをわざわざ形式名に置き換えたがる輩はどうにかならんですかねぇ?

高校3年の時だったか、こういう思い出があります。
昼休み、クルマ好きだと自称する免許取りたて数人の集まりで大学合格も決まってないのに早々と買うクルマの話。
A「やっぱハチロクだよなぁ~」
B「なぁ、ハチロクってなんだ?」
A「おめぇそんなのも知らねぇのかよ!AE86だよ。86年式のレビンの事をそう言うんだよ」
C「そんな事も知らねぇでよくクルマ好きなんて言えるよなぁ」

ぅをぃちょっと待ていAのY口T広!おまえなんか間違ってるぞ(笑)じゃあなにかい?あの年デビューした5バルブのトイチレビンっていったい何年式なんだよ!?
当時クルマ好きでもなんでも無かった私ですら心の奥底でツッコミたいのを必死で我慢していました、というか、もともといけ好かない連中だったので笑いを堪えるのに集中していてそれどころじゃなかったが(笑)
CのK田Y郎も同罪だな。こいつぁ今でも「車は角張ってるほうがいいんだ」とか「昔のXXが良かった」とか「インパネシフトはありゃ玩具だ」とか抜かしてるらしいし(笑)

形式呼び大好きクンの形式に対する認識って、きっとその程度のモンなんだろうなぁと、この十数年ばかし昔の事を思い出すたびに感じるんですよね……

3.デブのスポーツカー乗り
えーと、別に図体でかい奴がスポーツカーに乗っちゃいけないという偏見ではありません。
このタイプは2.と次の4.を掛け持ちにしているパターンが殆ど、いや、みんなそうだと思います。
彼らは窮屈な4点ハーネスを脂肪に食いこませるのを大層好みます。マゾか?
そして勘弁してクレと言いたくなる常套句

「スポーツカーはやっぱライトウエイトだよね。パワーウエイトレシオがなんとかかんとか……」

( ゚д゚)はい?いま、何とおっしゃいました??

(゚д゚)…………。

「まずアンタがライトウエイトしろよ」お後が宜しいようで……

4.車名省略呼びクン
なんか2.に似てますね。要は……

スバルのインプレッサを「インプ」と呼ぶ輩だよ!
「淫婦」すら相手にされねぇ童貞のくせに

マツダのRX-7を「セブン」と呼ぶ輩のこったい!

ロータス・スーパーセブンのオーナーに土下座して謝りやがれ

ああそうさ「セドグロ」って呼び方も大っ嫌いさ!
日産店なのかプリンス店なのかハッキリしやがれってんでぃ

……ところが「ランエボ」にはさほど抵抗が無いんだな。ワタシは「ランサーGSRの何個目」みたいな呼び方しますがね。
きっとかつてランサーEXターボの事を「ランタボ」って呼んでいた事が後ろめたいからかなぁ……
セドグロはまだ精神的ダメージが少ないが「インプ」と「セブン」は書いてるだけで虫唾が走るわ!
あー、あとスカイラインGT-Rを「アール」って呼ぶ奴ね。貴様は究極超人田中一郎(古っ かっての。

★まぁ兎に角、こういう輩がね、珍走だのDQNミニバンだのを鼻で笑ってると「鏡見てみろ」と言いたくなりますね。
別に自分の車が「80点主義ヨタ車のつまらないファミリーカー」なんて言われた腹いせにこんな話題にしたわけじゃないですよ。ええホントに。

次回、クルマの話題をするときは、この四者に共通する「クルマの運転に対する認識」についてちょっと触れてみようかな、と思います。

4つの車輪が付いた鉄の塊のお話

新年の廃人ブログから数日、書くことが思いつかずに悶々としながらベルリネッタ・ボクサーやら他のネタキットやらのパーティングラインを処理しながら、なんか書こうかと思いこの話題にしました。

★クルマの模型をやっているサイトにお越しですので、皆様も少なからずクルマはお好きかと思われます。私も「好き」と「嫌い」の二者択一で言えば「好き」ですね。都会に住んでて公共交通機関が充実しているので無くてもちっとも困らないのですが、ある日ふとクルマがあると便利だねぇと思わずハンドル握りながら( ´∀`)←こんな顔になります。

★ところで「クルマ」っていったいなんでしょう?タイトルにある通りですね。
ここでNSXはアルミだとかトラバントは樹脂だとかメッサーシュミットは3輪だとかティレルは6輪だとかほざく奴はここから先読まなくてよいです。さようなら。

この「クルマ」にとって大切なことは何か?
まず走る事と停まる事と曲がる事でしょうねぇ。
次に必要とする乗員分の居住空間とその手荷物分の荷室が確保されていることですかね。

本当はこれだけで、いいんじゃないですか?

走る曲がる停まるに関しては、どれかひとつが闇雲に秀でていたり、逆にどれかひとつがいい加減だったりすると非常に危険ですね?
日本国内の法定速度に緊急回避のためのプラスアルファ分のスピードが出る事と、その速度から安全に制動できる事、どんな状況でも的確な方向へクルマの向きを定められる事。このバランスが取れていればオーライでしょう。
クルマの本来の仕事は「人や荷物を運ぶ」事ですから、ここで次に必要とする条件ですね?乗車定員5人のクルマなら5人分の荷物が収まるトランク容量、そして5人が無理な姿勢を課さずに移動できるに充分な室内空間ですね。

★少なくとも今、この条件を満たしていない車は日本では売ってないと思います。つまりは、どの車を選んでも大袈裟に困るようなことはまずないってことですね。
ここで例えば「私はトヨタが好き」とか「僕はホンダが好き」とか、その程度で良いのです。

ところが、です。

★私はトヨタのアリオンという車に乗ってるのですが、時々「え?」と言われる事があります。
「有楽町さんは、クルマの模型とか趣味で作られてるくらいクルマお好きだから、てっきりそういったクルマにお乗りかと……え?アリオン、ってあのフツーのファミリーセダンですよね?え?ギャグ?」

なーんて言われて「いや、真面目にアリオンですが何か?」と返答するタイミングすら逸してしまうのです。

クルマが好きな人って、クルマが好きな人が乗ってそうなクルマに乗らなきゃ、いけないんですかねぇ?
「私、何に乗ってると思いました?」そう聞くと
「模型で作られてる、スカイラインとかカプチーノとかレガシィとか、あんなの想像してました。MG-Bに大層思い入れが深そうでしたのでそういうのもイメージしてましたが」

……MG-B好きですよ。大好き。安いしかっこいいしスポーツカーのお手本ですよね。
でも、MG-Bでマイカル本牧のサティへ買い物に行く気にはなりませんねぇ。

「しかし、アリオンって……せめてトヨタならスープラとかアルテッツアとか……」
え?「せめて」の基準がわかんない……ん~、確かにアルテッツアは意外に運転しやすかったし定員分の荷物積んで定員分難なく乗車して移動できるし、これ選んでもいいとは思いましたよ。ハイ。ですが質問していいですかね?

「クルマ好きがアリオンに乗っちゃいけませんか?」

★「80点主義のトヨタ」なーんて言葉が近頃流行り?のようですが、80点主義大いに結構じゃないですか。だって、量産市販されている工業製品はその「80点主義」じゃないとダメでしょう。白物家電的なクルマ大いに結構、白物家電万歳。
炊飯器はご飯を炊くため、洗濯機は衣服を洗うため、冷蔵庫は食品を保管するため、掃除機は床を掃くため、じゃあクルマは何のためにあるの?
その「何のため」を一生懸命考えて作ったクラウンやカローラやハイエースは、いつまで経っても人気車種のポジションを保ってますよね?

先月、ネットのお友達数人で台場のメガウェブへ遊びに行ったんですよ。展示してある最新型のカローラ囲んであれこれ触って満場一致の感想……

「このクルマ、これ以上何を求めればいいんだろう?」

カローラさんは、代々自分が持ち主にとってどういう存在なのかを良く判ってらっしゃる。時代時代のニーズをここまで的確に具現化したあなたが売れない筈がない。
白物家電に求められる絶対条件を完璧にクリアした「優等生」、トヨタはこの意思をずっと守ってクルマ作りを続けてくださいね。誰に何て言われても80点主義でいいですから……

★「究極の80点主義」を体感したときの話をしましょう。
ワタシ、一昨年の11月にアリオン号を事故ったときに代車で スクール水着色 ダークブルーマイカでアイボリー内装のクラウンに暫く乗っていたんですね。
車格の合う代車が出払っていて、たまたま現行型へのマイナーチェンジ時期と重なったため本社戻しで大量に余っていた試乗車の中から スクール水着が好きそうだから 程よく乗り慣らされていたからということで神奈川トヨタの方が選んでくださった個体。
初めてのフルサイズセダンだし3枠だしなんか丸っこくてウインドウラインも腰高で視界大丈夫なのか心配だったし何よりスクール水着だし(違 こんなん乗りこなせるのかなぁ?ぶつけて返したら御免ね、と思いながらお借りしたのですがこれがどうして乗りやすい。
トヨフリのともちゃんが「あー、FRだから最小回転半径小さいしね。でかい図体なのによく小回り利きますよクラウンは」と申してましてなるほどねと。

いや、それより一番感動したのはその後私の中で高級車の基本条件として位置付けられてしまった「後席ドアの開口寸法」ですよ。
子供の頃からよく「クラウンはリアドアが90度も開くんだよ」って聞かされちゃいたんですが、どうせペリメーターフレームを採用していた頃の旧型でもう終わった話だろうと思っていたんですね。

ところが開くんだな90度……21世紀のクラウンにおいて50年間変わらなかった部分はここだったんだと思わず涙が出ましたね。こんな時代にこんな些細なこと且つ後席パッセンジャーにとっては最も大切な部分が真面目に作られたクラウンはやはり「クラウンたる所以」のある車だと思いました。
レクサスがどうだと云われてもやっぱりクラウンが……というオーナーさんが多いのも非常に納得。
一度トヨタのハンドル握ったら必ず目標になるクルマ、なんて言われますがホント、数十日の代車とはいえ「究極のトヨタ体験」が享受できたと思いました。

さて、ふと思ったのですがこの「リアドア開口90度」のクルマって現在日本で何車種あるんですかね?誰かご存知でしたら教えてください。

★ちょっと今回トヨタ寄りなお話になりましたが、別にどこのクルマでもいいんですよ。ただ、何かとトヨタについて「個性のない80点主義」という言われ方が流行って(?)いるのに対して「個性のない」「80点」のクルマのどこがいけないというのか?を問いたかったのでこういう話になりました。

次回、その「クルマ好きが乗ると思われがちなクルマ」がいったいどうなのよ?といった話を少々考えてみたいと思います。
クルマに個性を求めたければ、まずクルマに乗る自分から……クルマの事なんざちっとも知りやしねぇ私が言えたクチじゃ無いんでしょうけどね(笑)

ラッキーベイフォートに行く、の巻

まずは1日ほど過ぎてしまいましたが

新年明けましておめでとうございます。

★2006年は世間でも厭な出来事が多く、いまいちパッとしなかった年でした。
良かった出来事と云うとだねぇ……秋篠宮家男児誕生と日テレプラスの「ジャングル」放送開始(前者と同列かよオイ!)くらいだぃ。
今年はもっと世の中的にも個人的にも楽しい年にしたいですな。

★えーさて表題
神奈川県民、とりわけ横浜市民でカーモデルやってる人間がここの敷居を跨いだことが無いという話をあまり聞いたことが無い模型屋「ラッキー」
模型のジャンル別に横浜市内で4店舗を展開していました、割と品揃えの良いお店です。
その4店舗が昨年11月の末に統合されまして、場所的にはなんと申しましょうか……伊勢佐木町から野毛方面へ外れた川沿いの雑居ビルのワンフロアに移転したんですね。それで表題の「ラッキーベイフォート」という名前になりました。

駅の最寄が桜木町なのか関内なのかいまいちピンとこない(京急日ノ出町が一番近いのか?)場所ということと、私自身が時を入れ違いとして職場が転属になったのであんまり横浜で買い物しなくなったということもあり、ずっと行かずじまいになっておりましたが開店後初めて今日、家電量販店やらブティックやらで買い物したついでに足を運んでみました。

★以前の伊勢佐木町の2店(カーモデル専門のマークlVとキャラクター専門のラッキーサン)と、鉄道模型・ミリタリー・洋モノが充実している東神奈川の店舗がワンフロアにいっしょくたになったのですが……

まぁだいたいこういう時に端折られるのはカーモデルなんだよなorz

ということで悪評覚悟で言ってしまえば品揃えがひでぇひでぇ!
「伊勢佐木町と東神奈川の在庫をそのまま持ってきただけですが何か?」
と、商品棚が語っております。でもとりあえず新製品の入荷が今まで通り発売日ピッタリなのは良しとしましょう(ヨドバシカメラマルチメディア横浜は未だにフジミのベルリネッタ・ボクサー入荷せず。ケイマンSはあったんだけどねぇ??)

★んで、ひとまずそのフジミのBB512をね、買ってきましたよ。ハイ。
とりあえず「今年最初に買ったプラモデル」が、これです。

今年最初に買ったプラモデル


嬉しいですねぇ。スーパーカーブーム時代の、今作るにゃ一寸厳しいのしかありませんでしたからねぇ1/24は……
巷じゃ東京マルイのが云々とおっしゃる節もあるのですが、わたしゃマルイの一連のスーパーカーもので認めてるのはデトマソ・パンテーラ位かなぁ……あとはカウンタックの「ドアだけ」そう「ドアのヒンジだけ」(笑)

でもこのキット、気合入ってますよ~フジミ頑張りましたねホント♪
さすがはアオシマ文化教材社開発担当W氏推薦の逸品(ぉぃ
パーツ点数126の中で思わずのけぞったのが「シートベルトバックル」
今まで適当に細かく切ったプラ板に真鍮線挿して色塗ってセンターコンソールの両側に適当に刺して再現していた「アレ」ですよ「アレ」(笑)

でも、そんな中でもやってくれました組説のパーツリストに本来入ってないBB512i用のパーツまで書かれていたりして、そりゃもう……

「なんて素敵な登呂クオリティ」(笑)

ところでケンメリGT-Xマダァー?(・∀・っノシ凵 ⌒☆チンチン

★とにかくカーモデル的にネタが無いんで、これだけ手に取ってあとは店内を適当にぐーるぐる。
アルクラッド2が¥200均一で籠売りされていましたが、お目当てのベースブラックとクロームが無かったんでステンレスを1本だけ購入。
グリーンマックスの鉄道カラーが¥50均一で同じく売られておりましたが、Mr.カラーで廃番となった90番台特色、特にカーモデル内装に大量に消費する9番「灰色1号」(Mr.カラー当時のナンバー91)が目当てだったけど無かったのでパス。
でもここでアルクラッドの籠を30分ぐらい占領していた小汚ねぇデヴヲタが居やがってまぁウゼェのなんのって……ヒコーキ野郎だったけど30本ぐらい買っていただろうか?
人が手にしてるの見て「ハンッ、クルマかよ」ってな感じて鼻で笑ってんのな。大きなお世話だぃ。

★んーで、その「ハンッ、クルマかよ」とアルクラッド1本だけ買ったのかというと、他にこんなんを……

今年最初に押した「ダメ人間の烙印」


「ハンッ、おにゃのこふぃぎゃーかよ」
……ああそうさおにゃのこふぃぎゃーだ。だって¥1000なんだもん。
レジンキットで¥1000なんてお財布に優しくて素敵じゃん?
そりゃもういい年こいて処分品の箱を真剣に吟味しましたさね、30分は掛けなかったけどね(笑)
ん?でも有楽町はカーモデルに出戻ってから今までの数年はこちらご無沙汰なんじゃないの?いやいや……

ダメ人間に「卒業」というイベントは多分無いと思いますよ。

いや寧ろ三十路過ぎるとこういうの妙に吹っ切れるんですけど、紗緒さんどうでしょう?(振るなよ

でも帰宅してからストックを数えて、1個の差でカーモデルより多かったのには

さすがに凹みましたがorz

なんでもう1個クルマ買っていかなかったんだろうねぇ自分……
いやアオシマのトレノとシルビアのプリペイントキットがチョット面白そうで気になってたんだけど、既にどっちも素のキットで持ってるとどれを買えばいいのやらと悩んじゃって結局保留したんでね……

★まぁそんなこんなでいろいろとありましたが、新しいラッキーはチョットワタシの肌には合いませんでしたねぇ……
やっぱり店内でWRCやらF-1やらのビデオ垂れ流して、店員に細かく商品のこと尋ねても専門的に対応できるあの雰囲気のほうが良かったな。
まぁ尤も、伊勢佐木町時代も数年前から完成品ミニカーの占める割合が増えて客層もそっち方向が殆どだったから、そう云う時代だということで括るしかないんだろうけどね。
さて、他に足を運ばれた神奈川県民ないしは首都圏の方はどういう感想をお持ちでしょうか?<新ラッキー

 | HOME | 

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。