有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人好み?のあのコーヒーのお話

ずっと以前にも触れた、個人的にお外で一番美味と思う「マクドナルドのコーヒー」のお話、の改訂版?です。

★昨年末のオリコンの調査でも「飲みたいコーヒー」1位を獲得した
マクドナルドのコーヒーですが、その報道で某「星の後方」より上位であった事が意外だったかのようにどこでも触れておりましたね。

いや、ワタシは「そりゃ当然だろう」と思ったんですが(笑)

某「星の後方」はよく元町のお店(地下鉄の駅出てすぐのところにある奴だな)で飲むのですが、やっぱりどうしても300円越えで飲むコーヒーには思えない……ブランドだけで売れるモンっていいですよね。
例えばタミヤとかTAMIYAとか田宮模型とか星のマークのなんたらとか……

同じ値段なら昔ながらの自営の喫茶店で飲むのがいいですな。
最近見かけなくなりましたけどね。蔦の絡まる木枠の窓で重たい扉にはドアベル(カランコロン♪って奴?正式名称不明)付きで、客席は革張りのソファに分厚いテーブル、その机上にはガムの手回し式自販機(占いとか付いてる奴)が置いてあって、マスターは小髭を口に生やして小さめの細縁メガネで臙脂色のチェックのベスト、ウエイター(大抵マスターの娘か孫娘)は下ジーンズ上トレーナーにロープストラップのエプロン(出前で外に出るときはカーディガンを羽織る)、店内BGMはモダンジャズとかNHK-FMとか。もし今でもこういう喫茶店が生息してるとしたら恐らく名古屋市郊外とか、そんなところ程度でしょうか。

10年くらい前に放送された『ひと夏のラブレター』っつうドラマで神田正輝と黒木瞳が落ち合う、電車の窓から見える小さな喫茶店があったのを記憶されてる方はいらっしゃいますでしょうか?都内近郊で見た最後のこういう店のイメージはアレですなぁ。
『誇りの報酬』で鈴木ヒロミツと堀江しのぶという「鬼籍コンビ(コラ!)」が経営する「バルビゾン」も理想には近いですがありゃ軽食バーですし、胡桃ちのの漫画『ミッドナイトレストラン・7to7』の舞台もレストランバーでちと違う(そういえば本作で強面のメルヘンパティシエが妄想を暴走させた結果上記のようなイメージの喫茶店キャンペーンをやらかしたお話があったっけな・笑)

……って、あれ?なんか以前にもこんな話触れませんでしたっけ?(笑)

★安くて美味いコーヒーと云うと、怒涛のコーヒー ドトールコーヒーも割と好き。
あとやっぱりファーストフードのコーヒーでマスト的存在と云えば忘れちゃならねぇミスタードーナッツでしょう。
このふたつはマックと僅差若しくはマックより上位でもアリかと思いましたから、実は「マックが1位」というのも逆に意外に思いました。
あーそうそう、ミスドのコーヒーもワタシ好きですね。お代わり自由なのもそうですが、その「お代わり自由」を考慮してか軽めのアメリカンというのも「○」。ブレンドもオールドファッション辺りのプレーンなドーナッツと合わせると絶妙な風合いでGoodです。

★ところでその「マクドナルドのコーヒー」なんですけどね……
えーっと、あのね、クチで説明するより画像で……
ちなみにこのカップでココアも紅茶もコーンスープも出されちゃいます(笑)


……。
…………。
………………。

マクドナルドよ、お前もかい!


出たよワタシが苦手とする「飲み口つきリッド」(ノД`)
去年の暮れぐらいからですかねぇ……当初はMサイズ(12オンスカップ)だけだったこのリッドですが、とうとう¥100でお馴染みSサイズ(9オンスカップ)もリッド、これになりましたですよ。
このリッドは熱いコーヒーがいきなり口に入ってくる事とその他に、最後まで飲み干せない(リッドの縁に絶対少量残る)というチョットけち臭い欠点も持ってます。
このリッド、コストもバカにならんだろうにねぇ……尤も、某「星の後方」を始めとする勘違いオサレカフェ系みたいに「紙資源ってなんだよ?あぁ?」ってツラしたスリーブを挿さずにスチロールコートした耐熱カップを継承しているのは偉いけど。

結局飲むときはこうして飲んでる、お店側の思惑をおもいっきし無駄にしているダメ客のワタシなのです……
最近のトレイマットの裏にはメニューの栄養成分表が載らなくなりましたよね。


★ところでそんなマックのコーヒーですが
最近風味が落ちた気がしませんか?
そこで思い切ってカウンターのアルバイトクルー君にお尋ねしたところ、一旦厨房側へ行って小さな包みを見せてくれました。

「実は今、コーヒーはこれになってるんですよ」

見せてくれた包みは真空パックされたサイコロ型のアルミパック。要は工場でミル挽き済みの「粉」状のコーヒーなんです。
そう、以前のマックのコーヒーはロースト済みのコーヒー豆をドリップ直前に1回1回挽いていたんですよね。確かに以前のようにドリップマシーンの傍にあった「ガーガー」って五月蝿いミルの機械がなくなっちゃいましたもんね。

「正直、これになってからお客様と同じようなお伺いをよく受けます」

と、若いクルー君はチョット困り顔でした。売ってる側もあんまし嬉しくなさそう……
もしリッド変更分のコストの埋め合わせがコレだったら、是非とも元に戻して欲しいモンです。
また1店1店にミルの機械を置くのは却ってコストが掛かるかも知れないですけどね。
ちなみにまだミル挽きでコーヒーを出してくれるマックの店舗がもし残ってるなら是非教えて欲しいです。
あの妙に薫り高い、以前のコーヒーをもういっぺん飲んでみたい……

★ところで話は大幅に変わりますが
某「星の後方」の店頭で売ってるポテトチップ。
あれ、絶対カルビー『堅あげポテト』のOEMですよねぇ?
昔テリー伊藤がラジオ番組で同じ事言ってて、実際に電凸していた際の先方の回答は

「当社が材料製法を厳選して作ったオリジナルですがなにか?」

ってなニュアンスだったけど、当の輝男オヤジは「うっそでぇ~!」っていつもの調子で回答していた広報担当をいじめてましたなぁ(笑)

いや、だから結局はカルビーなんでしょ?(笑)
スポンサーサイト

ネガティヴハートに、ロックオン!(だから本文とは関係ないって)

↑あー、要は今コレの学童文具デザインを担当させて貰ってるのですよ。

★某「♪倫敦どんより~」から5年5作担当させて貰った
東映アニメーションさんの日曜朝の奴がウチとの契約満了となりまして、その次に回って来たのが、この枠。
ワタシの大好きな「ケロロ軍曹」の前座ですわな。
従って放送時間はまだ外勤中で、帰社した頃に丁度こんな切口上を聞かされてる辺り……

★さて1月下旬ですので
奇数月お馴染みの「イオントミカのクラウンパトカー」です。
20日発売ですので、今回は初めての日曜日発売でした。前回から期待していた120クラウン、実はワタシ、トミカ自体でコレを手にするの初めてです。
青い箱っつったらやっぱりどうしても「外国車シリーズ」のイメージが……

今回はエアロタイプ散光等も時代的に合致しますね。しかしなんでしょう?なんかなんとなく違和感が……
80系や110系と違って、背が高めで実車に近いプロポーションになりましたね。

あぁそうか、クリスタルピラーが再現されてないからだ。
そもそも当時の通常品はCピラー、どんな処理がされてたんでしょう?このボディからするとグレーに塗装orタンポ印刷処理、ですかね?
そんなところから知らないんですよ、さすがにここまで時代が昇ってくるとね……

でもコレ、いいですね。ミニカーのモデルとなったのが3000ロイヤルサルーンGでしょうか、大型バンパーが当時実在した高機のクラウンみたいで妙にパトカーっぽい(いや現にパトカーだし)
110クラウンと並べると絵になりますね。
崖に追い詰められた犯人が(誰も頼んでないのに)勝手にぺらぺら自供しだして、それが全部終わったのと同時にタイミング良くファンファン鳴きながら到着、みたいな(笑)

♪ちいさな ほくろを 星を数えるように 探した夜♪(笑)


買ってから改めてネット等で紐解くと、どうも120クラウンの特注品自体コレが初のようです。
トミカ公式によると通常品の発売が'85年~'88年でしょ?すると20年近く金型が眠ったままと云う事だったのでしょうか?
車種的に国際自動車辺りのノベルティでハイヤーとか作られてる感じもしなくはないんですけどねぇ、特注品。詳しくご存知の方は居られますか?

★模型もう1本
今月は仕事始めからフル稼動でてんやわんやでしてね、この週末に先月辺りから買ってて読んでなかった雑誌とかをザーっと捲っていました。
雑誌類は昔からいろんなのをマメに購読する人でしたが、とりわけ模型誌に関しては全然読まなくなりましたね。特にカーモデル専門誌。
ホビージャパンですとかモデルアートですとかの別冊で出ているカーモデル誌のほうが真面目に「クルマのプラモデル」を扱ってるんですね。完成品ミニカーの記事とかは参考のおまけ程度で……

それで模型誌は子供の頃から藤田幸久氏が好きだったんで、連載をお持ちのモデルグラフィックス誌は割とそれでも読んでたクチでしたが、その藤田先生自身が(一説ではどこかの空気読めない某モデラーと揉めたとかで)暫く休載されててこちらもご無沙汰しておりました。
えー……で、そのモデグラの話ではなく。

クルマとは別におにゃのこふぃぎゃーもやってる(やってた)んで、レプリカントとかホビージャパンなんかも割と守備範囲のワタシ(ガンプラはさっぱり分からんがね……)
それで、ホビージャパンのとある企画のことを不意に思い出してそういえばと年末に買いっぱなしだった2月号をパラパラ捲る……秋口に紅やって、そいで確か黄も申込み終わってた筈だから……
こういう雰囲気の女の子は既に絶滅危惧種に指定されてますなぁ


〆〒☆○▽ק※□!
白薔薇ぁぁぁ!!志摩子様ぁぁぁぁ!!!(ノ゚∀゚)ノ=3=3
(←アホ)

そうそう、意外っちゃ意外なんですが「マリみて」の立体化、コレが初なんですよね。
(サードパーティー製の同人キットとかまでは知らんが)

その場で即、329ページの二段目(HJ読まない方へ解説……つまり「購入申込書」です)が鋏でチョキチョキと……(笑)申込締め切り前に気付いて良かった。
「誌上限定通販」って恐いですよね。普段は「キットじゃないとヽ(`Д´)ノ やだ!」なんて言ってるくせに、それが無かったらもう他には無いとなると完成品でも構わなくなる。
カーモデルで喩えると以前、アオシマDiSMのハイエースを買っちゃった時と同じです。


★「普段は『八重ちん』がどうのこうのとか言ってるくせに」
……と、自分自身にツッコミ入れてしまいますが、そう、なんで二次元だと相方(?)が節操無く増えるんでしょうね?
それでもワタシゃかなーり特定キャラ執着型で、三次元共々(だから三次元言うなっての)浮気とはまるで縁がないタイプなんですけどねぇ……

あぁ、そういえば三次元の相方(いやだから略)はそんなダメ人間をなんて言うかというと

「いいんじゃないの、どうせ実在しないんだし」

と、割と拍子抜けするコメント。
尤も今回の「マリみて」に関しちゃそもそも奴のほうからワタシを引き摺り込んだんだし、あんまり強くは言えんのかも知れんけど。

んー、まぁ好きな俳優さんとかタレントさんとかスポーツ選手とか、そういう次元に近いものがあるからかなぁ……?

ワタシのココロ、解錠(アンロック)!(本文と関係無し)

先週分が飛びましたので、ここで補完させていただきます(最近こんなのばっかり・汗)

★巷では三連休でしたね。
毎度のようにワタシは土曜勤務があるんで2.5連休でした。
森永卓郎氏の提唱する「ハッピーマンデー」に則り、1月第二月曜日に移動した成人の日。
この季節になると触れる話ですが、ワタシは成人式ってやってないんですよね。19歳から20歳になっただけだし、それだってそもそも誕生日での話だし、だいいち20歳になったことでそれでどうなの?という斜に構えた部分があったのでバカらしかったんですよ。
現実として、現在の日本人の20歳が「成人」として認識できるかどうか、という話でもありますが。

★1月のテレビ
今期の地上波テレビドラマの新番組をざらっと眺めてみますと、CXの「薔薇のない花屋」と「鹿男あをによし」が面白そうかなぁとまず思いましたかね。
ここ暫くそうなんですが、いまいちピンと来ないんです。結局忙しさにかまけて上記2本の初回も見逃しましたし(当記事執筆時点でのお話)

その一方でCS。一番楽しみにしてるのがファミ劇の「ラジオびんびん物語」
フジテレビ721がかつて「びんびん」シリーズを特集的に扱った際、単発の「SP~」すらやったのに見事にスルーされた、本シリーズの記念すべき第1作目です。意外といえば意外ですが、CS初放送。
なにが楽しみって、ニッポン放送そのまんまが舞台なモンですから……

髪がフサフサの上柳昌彦とか拝めるわけさね(笑)

いゃあ楽しみだ。腹抱えて笑ってやろう(って、本職パーソナリティのネタだけでドラマ本編はどうでもいいのか!?)

★CSのドラマというと日テレプラスの「特命刑事」が終わりましたね。
「大激闘」から通算26話。おかげさまで「はぐれ刑事」から「プロハンター」まで、火曜9時枠の作品全視聴達成です。
総じて面白かったのですが、マッドポリスファンの皆さんの意見はさておき私感として……

「特命刑事」は必要無かった気が?

というのがあります。トーンダウン甚だしいというかね、箇条書きにすると……

●新宿の高層ビル街走ってる車が狙撃された途端、廃工場でひっくり返る頓珍漢なタイトルバック(前作の使いまわしからこうなった……ってツッコミどころそこからかよ!)
●ジャパンマフィア壊滅で存在意義のなくなったマッドポリスの皆さんが無理矢理なこじ付けで活躍しているサマ(ハッキリ言って普通の警察で充分事足りてるだろうと・笑)
●そのジャパンマフィアが居た事によって醸し出していた「対組織戦」という緊張感がなくなった、ぼやけた内容
●マッドポリスの雰囲気に馴染もうと必死になってるのが裏目に出て逆に浮いてる山岡健
●それ以上に元々から空気読めてない桜木健一(もとからワタシ、この人嫌いだし)
●そんな新メンバーの空気の読めなさに同調するかのようにキャラが豹変した志賀勝
●スピード感の落ちたガンアクションとカースタント(コレは終盤に近づくに連れて徐々に回復しましたけどね)

といったところでしょうか。
「大激闘」16話で打ち切っちゃっうか、若しくは(本来の放送契約も当初から26話だったんだし)意地でも最後まで6人体制のマッドポリスVSジャパンマフィアで「大激闘」を押し通せば良かったのに、と思いました。

あと、急に「何か忘れていたのを思い出したかのように(笑)」マッドポリスのRX-7とファミリアが社外ホイールに履き替えられていた点もちょっと気になったので触れときます……
クルマといえば大激闘時代に活躍していたコスモとカペラ、何時の間にか消えてたけど一体どこへ旅立っちゃったんですかねぇ?

★あーそうそう
日テレプラスといえば年末バタバタしていてすっかり忘れていましたが、秋頃に全契約者対象で行われたアンケートのお礼が届いてましたねぇ
12月の案内は時既に遅し、な気も(笑)

アンケートには住所氏名を記入する欄が無かったのですが、アンケート用紙が送られてきた時の契約者コードで識別されていたのですね。
集計委託業者で回答者の個人情報が漏れないようにするための対処でしょうか?

アンケートについては概ね、こんな感じで出しました。(選択回答の内容を文章化)
●契約の切っ掛けは「ジャングル」
●視聴はほぼ毎日、ドラマ中心で大抵のジャンルを満遍なく視聴している。
●月額料が安すぎる。このコンテンツ内容なら倍出してもまだ安い。
●その反面、再放送が多すぎる。そのくせ本放送のリピート間隔は呆れるほど短い(放送から12時間以内が殆ど)
●放送希望の番組としては「キッド」「祭ばやしが聞こえる」「昨日、悲別で」「機動警察パトレイバー」辺りを。
以下は自由回答に記入した内容
●「熱中時代」と「池中玄太80キロ」の放送を敢えて意識的に避けているように思えるのは権利問題が理由か?
●「大都会・闘いの日々」の番宣や放送開始前の「祭り」っぷりが恩着せがまし過ぎて萎えた(当ブログでも触れた話ですね)
●「マジカル頭脳パワー!」や「鉄腕DASH!」等の、過去のバラエティ番組を流してみても面白いのでは?(ex:TBSチャンネルの「クイズダービー」)
●ドラマで次回予告の有無決定基準は?(アンケート以前に問い合わせたこともあり)

といったところでしたかね。それで謝礼は何かといいますと500円分のクオカードです。
アレってのはアレだったりアレだったりアレだったりするのよ

絵柄をもうチョット頑張って欲しかったカード(^_^;
「笑点Jr.」とか「阿藤快・彦麻呂の、どっちの定食!?」とかの、オリジナル番組をモチーフにした絵柄が良かったなぁ……番宣にもなるしね。

そいじゃ今週分はこのあと。明日かな?

明けましておめでとうございます?

年が明けましてもう6日になりました。
なんとか松の内のうちに新年のご挨拶を、と思いまして、滑り込みで今年最初のブログでございます。

本年もアホな天邪鬼が好き勝手に毒吐き散らすと思いますが拙サイトや当ブログ共々、何卒宜しくお願い申し上げます。

★年末年始
えー、大晦日~元旦に掛けましてはワタクシ、鎌倉にて二年参りに興じておりました。
観光パンフの写真でよくありがちな構図ですが……

写真はお馴染みの鶴岡八幡宮。この年末年始は関東地方、実に好天に恵まれましたねぇ~
だーいたい例年、天気は良くても雲が多くてですね、所謂「初日の出」が綺麗に拝めない年が続いていたのですが、今年は元旦7時ごろの関東地方は殆ど雲が無いという奇跡的なお天気で、その初日の出もですねぇ……
鎌倉ですと逗子方面から昇って来まさぁな

……とまぁ、ご覧の通りです。
尤もワタシはこの写真の由比ガ浜からでなく、もっとずっと先の江ノ島から拝んでおりました。それじゃあこの写真はというと、高校時代から毎年、鎌倉で二年参りを続けているという短大時代の同窓生からメールで戴いたものを許可貰って載せております。サンキュー
(あのね、ワタシはっていうと……肝心な時にカメラの電池が切れちゃってやんの←アホ)

ところで初日の出と申しますとですね……
よく漫画とかアニメとかでの描写では、真っ暗な空からいきなり陽が昇ってきてパァーっと空が明るくなるじゃないですか。
アレほどインチキ臭いうそっぱち描写は無いですよね。
実際の日の出って云うのは、その時刻の30分~1時間前にはもう空は明るいのですよ。そりゃだって太陽の光はスポットライトじゃないんだから、実際にまだ陽は昇ってなくてもその上空は明るく照らされてて当然なわけで、ハイ。
そういう描写に慣れてしまっている、普段夜明けと無縁なヒトは空が明るくなってきた途端に日の出が始まると思って、なかなか昇ってこないお日様にイライラしちゃったりするみたいです。

★初日の出を拝んだ後帰宅してからは……
留守の間録画しておいたテレビ東京の「東急ジルベスタコンサート」をざーっと観てからちょっと仮眠。
年越しのテレビっつうとワタシは毎年これでございます……

え?

紅白ってなんですか?(ぉ

ところでその正月のテレビ、世間一般で云われるように「たいして面白くない」というところなんですが、日本テレビの「大笑点」はレギュラーメンバーとTOKIOの大喜利対決が割と好きで毎年密かに楽しみな1本……だったのですが、今年のはなんかダメでしたね。大食いだかなんだかわけわかんないし……
何故かCS日テレプラスの「笑点Jr.」一挙放送のほうが本家より面白かったという(笑)
いっぺん見ている奴のリピートなのに(笑)

そういえば今年はNHKの新春寄席を見ていない気がします……やりました?

んーで、また夕方近くに仮眠して目が覚めたら「ジャングル」3度目のリピートやってて、案の定今回も次回予告カットかと不貞腐れて寝て、
次に目が覚めたら(普段の「太陽にほえろ!」深夜連続放送のタイマーセットが入ったままだったようで)ファミ劇にチューナーのチャンネルが変わってて、それが特捜最前線の深夜リピート編成で「逮捕志願!」という、まー確かに個人的には本作のベストテンには入るであろう傑作ではあるんだけど新年から観るにはかなり鬱なエピソードをやってて……
という感じでした。なんかCSは例年よりも割と通常放送寄りでしたな(^_^;

★前回の話の顛末ということで……

セット売りのものは箱が共通で、製品毎にラベルを換えてますね。



でんっ!(こう……気分的には海藍風に)



クレオス独自規格のPSジョイントってなんか慣れないよねぇ……



ででんっ!(だから海藍風にってば!)




そんなわけで年を越して

さよならタミヤクラフトツール。


年末にTaku兄ィから電話で散々「いいぞぉ~」とけしかけられていた(笑)クレオスのリニコンL5をいよいよ導入です。これでワタシのアシスタントこと「Keiちゃんのお座りフィギュア」も大喜びってモンです。(そういや最近、奴の出番が少ないな……)
¥34,000分のヨドバシポイントを気前良くバーンと一気に使ってしまうこの心地良さと言ったらもう(笑)

湿度の高い春夏のことも考慮に入れてエアーレギュレーター付きをチョイス。予算(?)的にはもういっちょ上位の新顔・L7でもイケたんですが、やっぱり1/24のカーモデル作るには贅沢過ぎる気がしまして、その差額でおニューのブラシを買う事にしましたですよ。
ブラシは余分にあって困るものではないですしね。
写真に映ってるのがそれ。あんまりいろいろ考えて貧乏籤引くのもナンですのでオーソドックスな0.3mmダブルアクションにしておきました。

さすがはリニコン、静か静か。
だけどやっぱり微細な振動が気になって、作業場のメタルラックの柱に当たると共振してちょっと音が気になるのでホームセンターでスピーカー用の防振ゴムを買ってきて敷くことにしました。
そんなモンを1枚噛ませるだけで全然気にならなくなるのですからやっぱりいい買い物でしたよ。木造アパートの2階に住むワタシには有難いアイテムです。

さぁ~て、今度はワタシが次のREVOユーザーにけしかける番かね?ねぇともちゃん(笑)

 | HOME | 

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。