有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も早く過ぎた週末。

半ドン仕事が明けた土曜日の午後がつい1時間前のことのようです。

静岡のレポートですけど、この土日で更新で行こうと思っておりましたが画像の整理でこの週末を費やしてしまいましたので、来週かな……
カメラに収まった画像をTIFF→JPEGに変換したり、縦に撮った画像を縦のデータに置き換えるだけでも随分時間が掛かるのですが、即日でアップできているサイトさんはどんな技使ってるのでしょうね?

★あー、えー、さて……
先述、ファミ劇の「太陽にほえろ!」についてちょっとした心配事を触れたワタシでしたが……不安的中しましたねぇ

わぅー!

ハイこれでもう今後の方向性が決定ですね。番組表に踊るこんなタイトル……
「太陽にほえろ!スペシャル 殉職刑事たちよ、安らかに 前編」
「太陽にほえろ!スペシャル エスパー少女・愛 後編」


いやせめて60分版(クロスネット局配信・再放送用フォーマット)で流すなら、次回予告もそれ仕様(「放送時間を90分に拡大して」云々がない奴)が別に作ってあるんだから、そっち使えよと。
一方の「西部警察PART2」、燃える原野でオロフレがやれどうのこうのって特番は時間枠を別に取ってまでして流すってのに……この待遇差はいったい何なんだ!?えぇっ?

東映チャンネルから買取→しかも現在進行分は再放送、な前座の「もっとあぶない刑事」を一週休ませるという単純なことが何故出来ないのだろう……
そういえば来週お休みなんですよね「太陽にほえろ!」
ウルトラマンの特番らしいです。デカ劇場のど真ん中で(笑)
それで予てからなんとなく思ってはいたんですけど……

ファミリー劇場はウルトラマンと志村けんにいったいどんな義理があるんだろう?(ぉ

★えーさて話は変わって、だ。
この週末に妙な小包が届きました。なんか身に覚えがあるようなないような……
めちゃくちゃ軽かった。まるで空っぽのように……

んーと、発送元は「ホビージャパン 通販部」……あぁ!アレかアレかと、忘れた頃にやってきた
箱の内側の校舎の絵が中敷として外せれば楽しかったのに。

クリスチャンのガッコに通うお寺の娘。
詳細は1月21付の記事を参照

あはー、勢い余って注文したもんだから、なんか実際届くとこっぱずかしいね(笑)
とりあえずは箱から出して組み立ててみる。
だいたい模型ってのは実物と同じ目線で鑑賞するといいって言いますが……
このスレンダーを超えたか細さとペチャパイ加減が良いのです(ぇ

比較的長身な所為もあるのでしょうか、はたまた撮影時に下からレフ当ててる所為もあってか、ちょっと威圧的な感じですねぇ。
やっぱりこのポージングだし、ここはセルDVDのジャケ絵と同じアングルで……
このアングルだとやっぱり6体全部揃えたくなる。ズルイなぁ……

うんうん、やっぱり俯瞰のほうが絵になりますね。

この娘独特の肌白さや繊細さはよく再現されています。
実はおにゃのこふぃぎゃー標準サイズ?の1/8スケールで完成品を買うのはこれが初めてです。どうしてもこのスケールだとキットのイメージが未だにあります。つか、本当はキットで欲しかった。DiSMのハイエースと同じですなぁ。

キットに慣れていると不自然さが拭えないのは、印刷処理された瞳の表現。
なんか微妙に複雑な表情だなぁ

肌とトーンといいますか、艶の加減が揃ってしまってますね。あと工場生産品なので髪の毛とかにパーティングラインが残ってたりしてね。

でも、いろんな意味でキット製作のお手本とかヒントになりそうな箇所もあったりして、完成品ふぃぎゃーはいっつもやれ「鉄道なにがし」だの「ピンキーどこそこ」だのと小さいので大喜びしていた私にはチョット新鮮でした。
また買うかどうかは分からんね。なんせあの如何にも玩具然としたパッケージが恥ずかしくてなぁ……

商品説明によると、開封後のパッケージは破棄するようにとありますが、その後運び出したりする必要性が出たときはどうするんですかね?
人形ケースですとかWABEのTケースの縦型とかに入れて飾っとくモンなんですかねぇ?

うー
幸江さんがもし高校まで進学していたら、こんな雰囲気だったのかなぁとか思いを馳せてみたり。
今こそやれ八重ちん、ヒマさえあればまた八重ちん、と五月蠅いワタシですが、トリコロ連載開始当初はお母さんスキーでしたねぇ(今も大概分に大好きだが)
いやもうそれこそ親子どんぶりバッチ来い、みたいな(殴
だけど42歳がストライクゾーンに入るトシになったんだなぁと、ちょっと ○| ̄|_ となったりもして(ぉ

ん?娘が好きだけどお母さんも好き……どっかに似たような奴が居たような↓
あ、トリコロ以外のまんがをスキャンするの久々だ(笑)

……小笠原朋子先生ごめんなさい。
しかしこの先生はデビューからかなり息が長いけど、面白いくらい画風が変わらないねぇ
スポンサーサイト

というわけで帰ってきました。

はい、無事横浜に戻りました。
19時36分のひかり号で新横浜着が20時22分。所要時間46分。
ワタシは出勤で毎日、山手~新橋間を京浜東北線を使って44分掛けて通っていますから、ほぼ同じ時間で着いてしまいます。そう考えるとやっぱり近いです静岡……

★本日は朝からタミヤオープンハウス経由で会場へ
開場に合わせて行くと無駄に待つから、というのは去年もお話した通りのパターン。
10時半頃会場に着きまして、モデラーズクラブ合同展へ。今年はホビーショーよりもこっちで多く写真を撮りましたので、後日しっかりレポートさせていただきます。
今年の看板はシンプルだなぁ


とも@トヨフリちゃんと落ち合いましたあと、午後からメーカーさんのショーへ。
最終日で閉場が16時ですから、あんまり回っていません。ですから今年のレポートは殆どFAT3社のカーモデル中心となりますね。
閉場後は近くのファミレスで遅い昼食のような早い夕食を摂りながらなんだかんだと話し込んでお開き。毎度おなじみスクール水着色(違 の「アルテッツァ・スポーツクロス アバンテツインカム24SEサルーンL」(なんか表現がどんどん長くなってるぞ・笑)にて静岡駅まで送っていただきました。いつも感謝です。
ともちゃんの新作(フジミのエスティマとアオシマのハリアー)も拝見させていただきました。ワタシはなんも持ってきてないってのに(汗)

★さてさてそうそうクルマと言いますとね
毎年恒例になって驚きもしなくなりましたが、クルマで来場する客と地元のドライバーや駐車場整理の係員とのトラブルが今年も当たり前のように繰り広げられていて閉口しました。

当然の事を言いますがツインメッセ周辺の道路は静岡市民の生活道路であり、駐車場ならびに各種施設も市民が日常生活で利用しているものです。
静岡駅からツインメッセまでは毎年徒歩(距離的にホント、ちょうどいい運動になります)で向かうワタシですが、歩かなくともシャトルバスが定期的に出ています。
基本的に公共交通機関やそうしたシャトルバスの利用を推奨されていますが、例えばモデラーズクラブ合同展に出展されるサークルの皆さんは勿論のこと、荷物が多くて自家用車の利用を考えなくてはいけない方もたくさんいます。

そのとき忘れちゃならないのが、我々はそうした交通機関や道路・施設を静岡の皆様のご好意で「使わせて貰っている」ということです。
あんまりトラブルが続くようだと、そのうちマイカー禁止になるかもね。実際、会場周辺で駐車場を持つお店や施設は↓のような看板を毎年当たり前のように掲げてますし。
そりゃ当然、本来買い物で使う人が使えないとと困りますからね。

しっかし、そんな当然の事をここで触れなくてはいけないというのも何とも情けない話だな。

★会場でもよく思うのですが
俗に云う「ヲタク」の皆さんに多い行動なんですが、周りの流れを見て頂戴と思います。
人がごった返す会場で通路を塞ぐ、背後に見物や撮影・観察したい人がたくさん待ってるのにその場を離れたり譲ったりしない、移動するとき人の体や荷物にぶつかっても平然としている、もううんざりです。
幾ら普段、引き篭もりで人付き合いが全然なくて(ぉ たまの外出だからって、そんくらいの常識はあるだろうよと。
もし無いんなら、こういう場に来るのを控える判断を取って欲しいです。子供じゃないんだから。

★なんか、みんな声を掛けないんですよね……
人が多いから当然誰かとぶつかったり相手の動線を邪魔したりすることは多々あります。そういうときに「失礼」「ごめんなさい」と当然のように言えないとダメでしょう。

モデラーズクラブ合同展でワタシもとも@トヨフリちゃんも作品の写真を撮るとき必ず「写真いいですか?」と声を掛けています。
本来、撮影に関しては特に指示が無い限りオープンな場ですから黙って撮っても何の問題も無いのですが、一声掛けるとずいぶん違いますよ。
掛けて貰った側は自分たちが出展している作品に興味を持ってくれたと、とても嬉しい気持ちになります。相手が撮りやすいように作品の場所を動かしてくれたり、好きな向きに動かしてくれたりしてくれます。
なにより、撮らせて貰うこちら側もその一声を切っ掛けに全くの初対面の作者さんともいろんなお話が出来て楽しいものです。

これは出展側も経験した立場としてもお薦めします。折角はるばる来たんですから、取材も楽しいほうがいいですよね。そして出展側もなんですが……

★よく仲間内でくっちゃべってばかりだったり
こちらから声を掛けてもあまり反応がよくないサークルさんもあります。そういうところではワタシの場合逆に黙って勝手に撮っています。というか、黙って撮る以外手段が無いというか。
あちこちからたくさんの人が来ています。たくさんの人に作品を見せるために出展しています。
出展側は自分たちの作品に少しでも興味持ってくれた人にはアホかと思われるぐらい愛想良くしたがいいかなと思います。

それこそ引き留めてまで「見て!聞いて!触って!動かしてみて!」と"営業活動"に余念が無い模型電動士さんの領域までフレンドリーになれるといいのだがとワタシはいつも思ってますがこれがなかなか……(汗)

今回モデラーズクラブ合同展のレポートをするにあたって、写真にコメントが無いものはそういう経緯で撮ったものとなります。お話できたサークルさん(若しくはモデラーさん)の作品にはその際にお話した内容でコメントを入れてみようと思います。折角お話したんだしね。

★そんなこんなで
各メーカーさん、モデラーズクラブ合同展に出展の皆さん、会場整理に勤しんだ皆さん、お客さん、どなた様も本当にお疲れ様でした……

★ショー以外の静岡こぼれ話
駅から会場まで歩いて移動していて、個人的に思ったこととか。

新幹線に乗って東京方面から静岡に着く際の目印は、静岡朝日テレビの社屋に描かれたドラえもんと↓の静菱コンピューター(三菱電機のグループ会社)社屋の広告塔なんですが……
せめてアプリコットにしようよ(笑)

いったいいつの広告塔だよ!と、毎年新幹線の車内からツッコミ入れています。
MELCOM80というのは、1974年に発売された複合型オフィスコンピューター。
8ビット機です。記録媒体はオープンリール。
今でも使っている企業がございましたら教えてください(笑)

もうひとつ、これは一種のカルチャーショックでもありました。
タミヤオープンハウスへ向かう途中で静岡南警察署の前を通るのですが……
本場広島でも見かけませんでした(いや、たまたま出会わなかっただけ?)

↑本当にこんな(赤矢印)制服パトカーが実在するんですねぇ!
いやいや、覆面パトカーならウチの地元でもよく見かけますが、さすがにパンダにはびっくりしました。静岡県で買ったんでしょうか?
それともワタシがパトカーに無知なだけで、実は割と普通にあるのかな?
前面警告灯がバンパー下のアンダーグリルの裏に格納されていたり、人生34年の間に見た制服パトカーの中でもダントツ一番でスタイリッシュでした。かっこいい……

オープンハウスが終わったあと戻る際に、お願いして写真撮らせて貰おうと思ったら出動しちゃってました。残念。

あ、土曜日に更新してるぞ

……というわけで、静岡からの更新です。

★午前中に仕事を終わらせて
一旦横浜へ着替えに戻り、んで、新幹線で静岡に着いたのが14時過ぎ。
つい2~3時間前まで東京のへそに近い場所で仕事をしていた人が、午後には静岡にいるのですから、なんだかんだで結構近いものです。静岡……

今日は特にどこへも回っていません。ツインメッセに着いたのが何だかんだで3時頃、それで職業柄どうしても見ておきたかった4Fでの催事「ボックスアート展」へまっすぐ向かったのです。
今年は田宮本社へ直行ではないのですね(笑)

★この「ボックスアート展」は静岡では二度目なんですが、これが結構面白い。
今回は国産プラモデル誕生50周年ということで、アオシマ文化教材社・田宮模型・ハセガワ製作所の3社がプラモデル黎明期に発売した製品のボックスアート原画(3社ともちゃんと残している辺りが凄いですね)を展示する、という内容でした。
所謂「美術展」的な企画ですので当然撮影は禁止。従って画像でご紹介できないのが残念です。

現在のように製品以外の背景描写の制限がないので、実にドラマチックで製品を完成させる目標としての想像力を働かせる、素晴らしい「作品」でした。本当に、夢がある時代だったのですねぇ……
いや驚いたのは1950年代のガッシュの発色と耐久性の良さ。ポスターカラーや油彩(!)の作品も数点ありましたが、保存状態がいいだけではあんな綺麗な色にならない気が……と、やっぱり仕事明けで出てくるとこんな思考になっちゃうんだなぁ、と思いました。

★んで、すっかりそちらの虜になっていましたら
時間が16時半を過ぎてしまってまして、17時の閉場まで時間がない。
ひとまずご招待戴いたアオシマのWさんには例年の「ご挨拶」だけは済ませねばと、閉場間際のアオシマブースで軽くご挨拶。
とも@トヨフリちゃんから「明日そっち行くんでよろしく~」ってお電話をその後戴きまして、ワタシはと云うとこれまたこの静岡では恒例となりました市内での「地元の画材屋へ覆面調査」巡りをしてきました(本当に仕事熱心だなぁ!・笑)
首都圏でやると面が割れているのでかなりの確率でバレるのですが、地方都市だとまずメーカーの人間だとは判るめぇ。私服だしな(笑)
それで今、去年と同じネットカフェにいる、と。

ホビーショーもモデラーズクラブ合同展も、回るのは明日ですねぇ

★さてさて、前回のコメントにて次回更新の際にと触れました
「広島で入ったアレなお好み焼き屋さん」の話でも。

兎に角タイトスケジュールで、あぁ、此処が海藍センセが吸っている空気と同じ場所か、なんて感傷に浸るヒマも、市内を走る路面電車をろくに見学することも、駅に着くなり「チチヤスヨーグルト」を朝食代わりに食すことも(ん?)全くなく、ただただ仕事仕事。
なんせ新幹線のホームで律義に待っていらっしゃるのだから。取引先の人が(笑)お迎えの車つきで(笑)
お迎えの車がマツダ・アクセラで、おぉ!広島クオリティ!なんてなぁ(笑)

昼食なんて、ファミリーマートで買ったクリームパンと牛乳

んなモン横浜で厭と言うほど食えるわい!(笑)

……何とかどうにか仕事が終わって、帰りの新幹線まで少しだけ余裕があるな~と思い何故か駅周辺の書店を散策。
いや、地元だったらコミック売場で「海藍コーナー」なんてモンがあったりしてな、とふと思いましてね(←根っからのアホ)

んなモンあるわけねぇ~!(笑)
あ、単に探し方が悪かっただけかもよ?かもよ?

そんなダメダメな事をやっていてふと気がついた。広島に来て広島らしい事を堪能してない……あ、そうだお好み焼き!

……と、なんも調べず思い付きで入った店がアレだった。

メニューに「おすすめの地酒」なるものがあったので、「賀茂鶴」とか「雨後の月」とか出てきて世知辛い世の中とおさらばさせてくれるのかな?と期待して出てくるのを待っていたら……
ロックを頼みました。酒自体は何かぬるかったけど(笑)

白水かよ!
麦かよ!
熊本かよ!

いや、嫌いじゃないけど広島に来ておすすめがわざわざ遠く熊本から「白水」って(笑)
気を取り直して、そうだお好み焼きは本場だからきっと美味しそうなのがジューッと……と期待していたら
まあ、家庭的と言えば響きはいいか

なんか妙に名物っぽくないのが出てきたなぁ……
お皿からしてなんかウチにもありそうな感じだし(笑)

それで美味けりゃ良かったのですが……
んう?永谷園?
みたいな感じでガッカリでした。850円したのになぁ……

店を出てからそれこそ、メガネとヘアピンの共同作業による「どうやらお好み焼きらしい」という名の「うあ!食べられる!」って物体がなぜか妙に恋しくなった……だからあんなにコメント欄で力説したのです。

★……って、なんだ今回は静岡の話じゃないのか。
それはまた帰宅してからの話。ネタには尽きないでしょうから、今回は久々の週2本更新ですね。
それではそろそろここをおいとましなきゃ……

なんだかなぁもう

いつものように日曜日の夜に記事を書いていたら、突然編集ページが落ちて殆ど書き終えた記事が見事にリセットされました。

ぎゃーむ!

ってなわけで、1日後ろ倒しで更新の「有楽町で呟いて。」です。

★ここんとこずっとこの週末は
なんか何にもやってないうちにあっという間に終わる感じがします。日曜日は朝起きた瞬間に「ハイ日曜日終わり」って話は先述通りなんですが、ここんとこは更に遡ってファミ劇でGメン’75を観終わると「ハイ休みおしまい」って気分ですなぁ(笑)

金曜日は前にも触れたように、ここんとこずっと起床して支度しながらTBSチャンネルの「AIR」リピート(4:30~5:00)を観て出勤、帰宅してテレビ点けたら同じく「AIR」初回放送(22:30~23:00)をやっていて、それ観ながら明日の支度して就寝、のローテーションが続いていました。がお
その「AIR」も先日の初回放送で最終話を迎えました。12話という短尺ですから、セルソフトなんかで観るとあっという間なんですけど(一気観しても正味5時間程度だもんね)毎週1本ずつですとやっぱり結構な時間が経過しますな。最初にBS-iでやっていた時は思い出したら観ているって感じでしたから、あまし時間の経過は感じなかったんですけどね。
しかしなんだかんだで何度か観ているのですが、どうしても涙腺が崩壊するんですよ。個人的ピークは11話なんですが、今回は12話でもそのペースが落ちませんでした。アニメなんかでポロポロ泣くなんて、傍から見ると女々しくてみっともない話なんですが。

★さてそんな金曜日に放送された「大都会PART2」の録画分を
土曜日の夕方に観たのですが、というのが今回の本題。
ディスクに落とす前のエアチェックを兼ねて、HDDに入っている状態で再生を掛けてみる。するとこんな告知が……
たいした告知でなくても、こういうのドキッとしますよね(笑)

んぅ?
「明日のジョー」という回はですね、ショバ代が原因でヤクザが引き起こした傷害致死事件を撹乱させるためにボクサー崩れの水谷豊を利用して別件の傷害事件を引き起こす、といった感じ(こんないい加減な要約でいいんか?・笑)の、どことなく闘いの日々テイストな割と面白いお話です。
番組スポンサーの美津濃スポーツがここぞとばかりに大活躍な回でもあります(ぉ

全52話中では個人的に上位に位置するお話ということでじっくり観たのですがはて、不具合なんかあったっけか?
……と、思いましてね、その「不具合」とやらを意識して再視聴。

えーっと……本編12分50秒前後、ラーメン屋台の店主が襲われてその奥さんから事情を聞くクロさん、というシーン。

奥さん:「刑事さん、警察の許可だけじゃ屋台のラーメンできないんですか?ヤクザの許可も必要なんですか!?」
語気を強める奥さんに見兼ねた舛田紀子の看護婦(名前失念):「静かにお願いします」
(余談だけどこのドラマ「病院では静かに」って節がやたらと多いよね・笑)
……の、直後。
本編の画像・動画をインターネットに掲載することは以下略(謝)

奥さん:「(「あの屋台は」って台詞があったと記憶してるが画像の乱れにより無音に)ふたりで働いて、やっと手に入れたんです」
ここでノイズらしきものがほんの一瞬入ります。その間1秒にも満たない。ここで画像が乱れたところでお話にはまったく影響しない。
↑のキャプチャはほぼ2フレーム毎となっておりますので、画像が乱れたのは約8フレーム=約8/25秒=約0.32秒ってとこだぃ。

えー、あのね……

「八百八町夢日記」でも上記と同じような不具合が2度ほどありました。
「NANA」14話の初回放送は本編の約半分(正味11分程度)が放送事故により無画無音状態でした。
「伝説のマダム」4話では初回・リピート共にトラックの繋ぎに問題でもあったのか、同じシーンが2回流れました。
でも、こんな気の利いた補足再放送もなければ不具合の告知すらありませんでした。

んーと……
おとなしく再放送を待ったワタシらの立場はいったい?
なんなんでしょうねこの待遇の差は。

ここは自分のブログだから敢えて書いちゃうけど、今回の緊急再放送は妙にきな臭いものを感じます。
#5放送直後にアタマのイカレた狂信的な大都会ヲタが日テレプラスのカスタマーサービスへ鬼のようなクレームでも付けなきゃ、こんなことありえんでしょう。
参考までに日テレプラス公式HPより、大都会ヲタの痛さ全開な意見が目白押しでとっても楽しい「ガネルの部屋」

Q20みたいな無礼者の意見なんか無視しろよガネル(笑)
どうせこの48歳のクズは「猫道」なんか1秒たりとも観ちゃいねぇんだから(爆笑)

もうね、大都会目当ての俄か契約者の態度のでかさにはいい加減辟易するねホント。

もしも初回・リピートのすべてがたまたま天候に恵まれず受信不良だったりしたらどうする気なんだろな彼らは(笑)
リピート間隔の短い日テレプラスならありえる話。現にそれをネタにして「刑事貴族2」の再放送を組織票集めて何度もやらせた迷惑集団も過去に居ましたしね。
(「踊る刑……おっと、口が裂けてもそんなこと言いませんよワタシは・笑)

★書きたい放題書いたらなんだかすっきりしたぞっと(笑)
そういえば大都会で思い出しましたがファミ劇で始まった「大都会25時」
これね、ちょっとした印象というか思い出がありまして……

ワタシが2歳から高校時代まで暮らしておりました長崎県はANN系列不毛地域でして、地元の局では「特捜最前線」(翌週月曜23時55分からの時差放送)が終わった後はセールス上の系統番組は「はぐれ刑事純情派」開始まで空白となっていたと記憶してます。
ケーブルテレビに加入していた我が家では「特捜最前線」もそうでしたがこれと「ベイシティ刑事」も福岡のKBCでネットされていたのをリアルタイムで観ていたのです。

んで、1990年にANN系列の長崎文化放送ってのが開局するのですが、当然開局前に送信テストや家庭でのチャンネルやアンテナの調整期間なども踏まえて試験放送があるわけです。
キー局から送信される全国ネットの番組はさておき、ローカル局が独自に持つ時間帯(映画ですとか地域情報番組ですとかドラマの再放送とか流す枠ですな)は開局前は当然、番組がなんもないわけですよね。
そこで流されていたのがこの「大都会25時」でした。それも延々と開局まで繰り返しのリピート・ローテーションで(笑)
アレはケッサクでした。チャンネル調整するたびに画面に映るのは「大都会25時」(笑)それもなんだか何度もおんなじ回が(笑)
今思うときっと、地方局貸出用のフィルムが安かったんだろうなぁ……そうそう、確かにそんなにまで大喜びして観るほどのモンでもなかったし(笑)

いや、それなりに面白さを探せば普通に面白いドラマなんですよ。ひとつの刑事部屋に二係体制で検挙率を競い合うとかね、新鮮だった筈です(筈ってなんだよ・笑)
なにも劇中車が『「日本全国・日産デー」今度の土日はお近くの日産へ』状態なだけがこのドラマのポイントではない筈なんだけどな、多分(だから多分ってアンタ・笑)

★最後に静岡
結局、「金曜日に有給取られるくらいなら日曜日に休んで」と上司に言われましたので例年通り土日空きとなりました。
うー
仕事の影響はなくなった反面、東京⇒広島⇒静岡通過して東京⇒半ドン仕事明けにまた静岡⇒横浜、ってなんだか大変な移動だなとも思ったり(笑)

お会いできる方はまた今年もよろしく。

試しに午前中に更新してみたりとかしてみる(本文と関係なし)

夜が多いんでね、たまにはこんな時間で更新もアリかなと。
土曜日更新までもう少し頑張ってみよう……

★ファミ劇の「太陽にほえろ!」もようやっと
とも@トヨフリちゃんがリアルタイムで見ていた時代まで進んできました(笑)
実は当時、'83バージョンのメインテーマって新しいのか古いのかハッキリせい!って感じで微妙に嫌いだったのですが、ベースの重厚さと相俟ってこれから始まるお話への期待を高める効果はかなりあるなぁと思います。
ちなみに時々このテーマを「旧テーマに戻った」と触れられることがありますが、旧テーマとは若干違うのですよね。更にボン殉職話(#363)で先行的に使われたとも云われてますが、確かに似ているけどこちらも微妙に違う気がします。

今回加入のボギー、兎に角ファッションが強烈でインパクト大。黒や濃色を好んだりネクタイを結び目が見えなくなるくらい細く結ぶ(自称「八坂署結び」)ワタシのファッションセンスはこの辺くらいからかなり影響を受けています。
ワタシの車歴には1台だけ妙に浮いてる「ルノー16」ってのがあるのですが、当然黒いシャツに臙脂色の上着で乗り回していましたよ(若いっていいなぁ!・笑)尤も、色は黄ではなく深緑だし、グレードもブラックグリルのTSだったんですけどねぇ……
七曲署初のプレーンノットな人、時代はテクノですなぁ。そしてこのプレーンノットの結び目の小ささは後にデューク→オサムさんを経て八坂署の面々へと加速の一途を辿るのです。

ロッキー殉職→長さん退職→ボギー着任→(3話空け)→ゴリさん殉職→トシさん着任→(18話空け)→ジプシー転勤→マミー着任→(15話空け)→ブルース着任、と人事異動甚だしいこの時期の七曲署。
ところで時待たずしてやってくるゴリさんの殉職ですが、ファミ劇の放送では再放送フォーマットの60分版(本放送時にクロスネットだったテレビ宮崎等が使ったフォーマットですね)で流すぞっていやな噂が飛び交っているのですが大丈夫ですかね?
まさか「七曲署全員出動!狙われたコンピューター・前編」だとか「さらば!山村刑事・後編」だとか、そんなふざけたタイトルが番組表に並んだりしないだろうなファミ劇。

★さてさて5月になったなぁと実感するのはGWよりも寧ろ
ピリオドの向こうへ突っ走るナウなマブダチ・アオシマ文化教材社のWさんが↓を送って下さることのほうが強いかなぁと。
スーツ姿でラジコンの送信機持つお父さんの絵がシュールだ

今年はどうしよう……といいますのも現在、日曜日に仕事が入る予定になってるのですよ。
木曜日に平和と任侠の都へ出張って楽しい?仕事が入っているんで、金曜日に有給取って1日目は業者招待日にのんびり取材するか、とも考えていますがさて……
長織市長:「そのセリフをそっくりそのままお返ししたい」(笑)

そうそう業者招待日といいますとね、その日に行く場合↓の招待カードを提示して名札を貰ったりするわけですが
ちなみに幕張では書いて出しても何もくれないです。

業者名(屋号)を書く欄ってなんて書けばいいのでしょうね。一応「マリオンモデルファクトリー」とか「M2F」とか書けばいいんですかね?ま、多分空欄でも大丈夫でしょうけどね。

さて今回の会場見取図なんですけどね……(文字が読めるように高解像度でスキャンしてますのでファイル容量注意)
月並みだけど、田宮模型の殿様スペースにはもううんざりだ。

えええ!?
今年もGSIクレオス不参加なんですか?。・゚・(ノд`)・゚・。
なんなんでしょう?組合から抜けちゃったのかなぁ……幕張に来られない人は辛いですねぇ。

★一応クルマが好きな人がよくいらっしゃるので、ちょっとこのネタ触れときますか。
ガソリンの暫定税率(\25.1/リッター)復活の話題で持ちきりですが、この狭い日本でこれだけ車の運転がしやすい環境が整っているんですからそのくらい幾らでも持ってけ、とワタシは思ってます。
4月30日・復活前日に都内各所のGSで「駆け込み給油」と称して多くの車列を作っているのを、外回りで営業車を流している最中によく見かけました。
んで、その車列にどんなクルマが居るかっつうとね……
いったいリッター何キロ走るんだこいつらは


おめぇらはガス代増える心配する前にやるこたねぇのかあぁん?

いやね、別に誰がどんな車選んで乗ろうがそれはいいと思いますよハイ。
でもこういうクルマを好き好んで選んだということはだ、そのためのリスクも「好き好んで」負えと言いたいのさ。
それで何?ハイオクがリッターたかだか¥160程度?になるくらいのことで大慌てで給油に駆け込むって、お前らアホかと。
こういう例え方していいのか分からんけどさ、リッター当たり¥30程度の増額なんてテトラパック売りの100%オレンジジュースがトップバリュからトロピカーナに変わる程度のモンでしょうが。
お前らは普段スーパーで積極的にプライベートブランド選んで買ってるのかと問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

「1回に金落とすリッター数がジュースと比べたら桁違いだろ」とも言われそうだけど、給油なんて元々そんなモンなんだし。

潔さは必要だと思うな。ガスを多く食う車好んで買っといてガス代増えたら世論の代表ツラして文句垂れるってのは正直どうかと。
そのアストロを最新型のステップワゴン辺りにでもすれば、そのSクラスをAクラスやCクラスにでもすれば、そのRX-7をデミオにでもすれば、そのシーマをマーチにでもすれば、あなたの不満はあっさり解決しますが何か?

とりあえず、ワタシも殆ど関係ねぇからって適当に好き勝手ほざいているわけですが(笑)
でもガス代が多少増えるくらい、このご時世にクルマを運転する以上は負って然るべきリスクですし、みんなそれを前提としてクルマを運転しているモンだとワタシゃ思ってます。
ちなみにその辺、クルマが日常どうしても欠かせないとも@トヨフリちゃんとかいかがお考えでしょう?

あぁ、ただ世論側の擁護的な話をしておきますとね、折角こちらが歓迎(ワタシだけ?)して払っている\25.1/リッターですので、無駄にならないように有効活用してくださいね、とは言っておきましょう。ハイ。

 | HOME | 

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。