有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトも更新してないので、たまには新作の話でも。

このブログを改めて読むにつけ、そういえばうちって模型のサイトなのよねえ?と思い返したり。
やれスーパーで買い物だのデジカメ新しくしようかだの水谷豊だのトリコロだのトリコロだのトリコロだの・・・と、ろくすっぽ模型の話をしてないなぁ(笑)

★最近なんとなくファミ劇の「太陽にほえろ!」を観ていて
再発見というか新発見というか、現在進行で七曲署の主力(のくせにあっという間に退役しちゃう・泣)覆面車なコロナEXサルーンAD。

あれね、ワタシャずーっとホイールが広報車と同じ純正のアルミ(Takuさん呼称「ジンギスカン鍋」)だと思っていたのですね。
なんとなくスカッキエーラのパクリっぽいデザインがテクノ全開で好きだなぁ♪
そいで、このホイールの再現で頓挫していて完成見送りにしていて、z31_yukikazeさん(どうお呼びすればいいか悩んだ結果、とりあえずヤフオクのIDで)と「この模様はデカールで再現したがラクなんじゃ?」みたいなお話までしていたところでしたが……

実際の本編観てますと、なんかスタントシーンでは同じ純正アルミでもカローラ用(70系後期から80系へキャリーオーバーされた、アレ)を履いてるんですねぇ~
車体は同じ(ナビコン装備車……って、セリカXXとキャラクター被ってますがな・笑)ですからいちいち履き替えてるのか、それとも殆どの撮影をこのカローラ用で済ませてるのか、うーん、わからん。

★さてそれはそうと
このブログにていろいろ進まない進まないと話している製作中のあれこれをよそに、今回1台新作をさらっと完成させました、のが今回のお話。

「さらっと」というのはですね、完成のきっかけというのが↓こういうキットを戴いた事から。
何気にアオシマの売り上げに結構貢献しているこのシリーズ

プリペイントシリーズは、何事も経験からということでシルビアだけ買ってはいたのですが(ボディ塗装の手間を考えるとトレノが一番お得ですよねぇ)、さてさてRX-7ですか……戴いたのはいいけど、この3代目RX-7ってあまり今まで気に留めた事が無かった車種なもんでさてどうしたものか……

えー
マツダRX-7の5型で、イノセントブルーマイカ……

ネタとしては正攻法じゃないかもしれないけど、この条件ならアレでも再現してみるか……

と思いまして、 海藍センセ愛車仕様 にしてみました。ハイ。
トリコロ0巻のダミー書籍コードとしてシレッと出てくるクルマですな。
幸江ちゃんかわいいよ幸江ちゃん(ぉ他が全部0というのは、あんまり芸がない気もする(笑)

尤も、商業誌デビュー前後頃に「折角なら一度は乗ってみたいロータリーエンジン」という、まさに広島人らしい(?)理由で買われたというクルマで、ワタシの知る限りだと今は別のクルマに乗り換えられている筈です。
ご自身のプロフィール的な部分があの当時よりも更にブラックボックス状態になってますからなんとも分かりませんが……
これって後期型出す際にバンパーを前後期差し替える型に変えたんでしたっけ?
つくづく思うけどホントに戦闘機のキャノピーみたいなキャビンだこと(笑)
ボディの塗装はとても綺麗なのですがそこは大量生産品、俗に言う「塗装後平滑にクリアー吹いた状態」です。
まぁ、そのままでも十二分に綺麗なのですが、折角なのでコンパウンドで磨いでみました。
いやまあ、塗膜が強いのでしょうか、結構強く磨いでもカドが出たりなんて心配はまずありません。尤も、窓枠のつや消し黒は塗膜が薄いので注意が必要ですが。

リアガーニッシュが裏から黒一色で塗られていて、ウインカーやブレーキランプ類の橙や赤が入っていないので、ライトレンズ部分に当たる箇所の塗料をデザインナイフの背で削り取ってクリアオレンジとクリアレッドを入れてみたのですが、黒一色に割り切った理由が完成後に理解できました。
下にシルバーやメタルックを入れても、たいして目立たないんですねこの辺……(汗)

こういうネタでもないと使う機会が無いであろう「広島ナンバー」(笑)
キットのホイールはレイズのグラムライツでしょうか?かなり大径の社外品が入っています。これを純正ホイールにしなきゃいけないのですが3代目後期の純正ホイールって模型化されていない……
そこで、フジミのインチアップシリーズの同車が純正ホイールの代替としてでっち上げたのに倣ってスカイライン(R32)純正をオスメス逆加工して使ってみました。なるほど似てるわ(笑)

センセの愛車はATだったということで、MT→ATへ。あとは聞いた事ある話を元にブルーのフロアマットとカーナビ(型番とか知らないのでフジミのファインドライブシリーズに入ってる物をそのまま使いました。手抜き……)を再現しておしまい。
センセの体型を考えて、運転席のポジションを助手席より若干前進させております。
内装の埃を完全に取って撮る方法があったら教えてください……

この型でATは少数派でしょうかねぇ?新車時にATで乗られていた車も中古で売られる際にミッション載せ替えとかされちゃったりしてそうですし。

★このキットは
パーティングラインとかヒケとかの処理、部品のゲート跡といった部分について神経質になる類の商品ではないので、そこについては目を瞑るというのが大人の消費者の対応かなと(笑)しかし……
ウインドウの黒枠を塗らなくていいというのは本当にラクでいいですよねぇ!

ただこのRX-7、設計年次が1992年。
ニュートレンド西暦下二桁シリーズを新規とする頃のものですから足回りとか華奢で複雑な作り(良く言えばリアルなんですけどね)をしています。
また、そういう時代のキットですから組立てに際しては現在のものよりも部品の摺り合わせを前提とするあたりが残っています。そのままパーツを合わせても隙間が出来たりズレが生じたりしてね。
そんなわけで、どうしてもその必要があったシートとシートバックの貼り合わせだけは接着後合わせを修正→再塗装、としています。

そういう意味ではこのシリーズに選ぶ車種としては失敗かもしれません。
塗装済みのパーツをそのまま貼り合わせてもリアルには仕上がらない。そしてこういう商品を手にするスキルを持つ(と想定される)層の消費者には組みにくい足回り。
そういう意味で最新金型のトレノやシルビア等は正解だと思いますね。
古い車種でやるなら比較的パーツの合いも良くシャシーの構造も単純な「ザ・ベストカーニュートレンド」時代の車種がいいのかな。セフィーロとかローレルとか。

さてさて、皆様もいかがでしょう?後学のため、はたまたネタとしてプリペイントシリーズ。
いろいろ書きましたが、これだけやって土日で完成するのですから、やっぱりたいしたものです。
スポンサーサイト

2.5連休

ってわけです(笑)
土曜日はチョット午後まで会社に居たので、正確には2.2連休くらいかなあ?

★腹が立つくらい
暑いですなぁもう!
なんかもう外に出るとアイスキャンディが恋しいのなんのって(ぉ
夏場はかばんの中身が増えます。替えのシャツを最低3枚、ハンドタオルとフェイスタオル各3枚、替えのワイシャツ1枚、替えのネクタイ1本、替えのパンツ1枚、替えの靴下1足、制汗スプレー3種(無臭とか微香とかデオドラントの強いのとか)、ドライシャンプー、フェイスシート、ボディシート、化粧水(資生堂の”メンズ肌水”です)等々。
愛用のかばんを春からユニクロが雑誌DIMEとのコラボレーションで発売したビジネスバッグ2種(ブリーフケースとトートバッグ)に替えたのですが、トートバッグがかなりの大容量で携帯品がやたらと増える夏場にその威力を発揮してくれます。普段両者を使い分けていたのですが、夏場に入ってからはずっとトートばかりです。
余談ですがこのトートバッグ、縫製がしっかりしていて素材も硬いのでカメラバッグとしても使えます。

★カメラといえば
前回の記事のコメントで相当暴走したワタシですが(笑)愛用のデジタルカメラ(ミノルタ ディマージュ7Hi)も大概分にオーバーホールの時期を迎えてきたのですが、
定価19万越えしていたコレも今じゃ査定すら付きませんよ。
某ソ○ーへこのカメラを持ち込むのが底なしに腹立たしくて
次の新しいのをと思案しているこの頃。

候補はふたつ。
キヤノンのパワーショットG9

リコーのGX200

前者は広角の引きが足りない(35ミリ判換算で35ミリスタート)けどファインダーが光学式
後者は広角の引きは文句なし(同24ミリスタート)だけどファインダーは外付けの電子式
レンズが全群ガラス玉のリコーに分があるかなぁ……そもそもG9の望遠は長すぎる(このクラスは100ミリもあれば充分だと思う)どうせなら35-210じやなくて28-135くらいにしてくれればよかったのにね。
ただ、操作性はG9のほうが銀塩的アプローチに近いんですよね。今使ってるディマージュ7Hiもそれが気に入って選んだわけですし。

GX200の「電子水準器」ってのが物凄く興味ありましてねぇ。構図の水平垂直を真剣に考えた結果の機能ですが、銀塩の頃からリコーというメーカーはこういう事を地味にやるのが得意ですよね(笑)
これって縦位置でも機能したら凄いですよねぇ~

★話は変わって
土曜日に会社で上司が水谷豊の「タイムカプセル」初回限定盤を持って来ていたので、特典のDVDを拝見したのですよ。

カリ・コネのプロモビデオ……オーバーサーティには涙ものです。
だけど長玉で撮ってないせいか撮影の季節が違うせいか、なんかオリジナルとは違和感が

……。
…………。
………………。

「熱中時代・刑事編」ですね!?
「早野武」ですね!?
ゴキゲンだぜぇ!

職場のパソコンでのキャプチャだから画質悪くてごめんね。

そいじゃ、↑とほぼ同じポーズを拾ってオリジナルをば……
1985年に再放送されたのを録画した友達のベータを、遊びに行ったとき見つけて押収して当時まだテープが高価だったS-VHSへ3倍で(中学生らしいな・笑)ダビングした1988年もので、残ってた事自体が奇跡的な骨董品なので画質については何も言わんで。
水谷豊とミッキー・マッケンジーだけタイトルバックよりも先にクレジットが入るのが子供心にカッコ良かった!
ロケ地も同じなら、水谷豊のポーズもほぼ狂いなく同じ(というか四半世紀の時を経て同じ動きが出来る水谷豊本人が凄い)
ビデオクリップのほうはフルコーラスなモンですから後半、警官とのやり取りにオリジナルには無い長い尺を取っているのですが、特殊警棒を振る動き(地面に先端を押し付けて縮める仕草がそのまんまトレースで感動しました!)とかシャドウで足蹴りする動きとか、とても50過ぎのおっさんの動きじゃないです。

オチだけ違ってまして、オリジナルはスバルに乗ったかと思えばすぐに降りて新聞広げながら走って終わり、に対しビデオクリップ版では警官に見送られたままスバルに乗ってどっかへ行ってしまいます。
そうそう、ビデオクリップ版のスバルのナンバーが第1話でぶっ壊れちゃった仕様を再現しているんですねこれが。ちなみに360ccのスバルで黄ナンバーって取得できるのかな?

★手許にあるのはこの
いつ観られなくなるか分かったモンじゃない危険な状態の1本(14話)だけなので、本当にそろそろシリーズ纏めて解禁して欲しいものです日テレプラス様。
教師編はメジャーですから第1部・第2部・単発特番と全てVCでもDVDでもソフト化されてるんですよねぇ……

今回は本当にネタがないです。

いや本当に週イチでもこれですから、毎日更新しているところってどうやってネタ探してるんでしょうね?
てことで、チョット今回は覚え書きみたいな話を……

★だいぶ前に電球型蛍光灯の話をしましたが
あ、そうだ……いつも模型撮ってるスタジオの照明もこれにすれば?
と思いまして、100W型のを買ってきました。

考えてみたら現在は殆ど銀塩で撮ってないので、カメラのホワイトバランスの設定で幾らでも色温度の調整は出来るんだなと。
ただ、拙サイトの画像をご覧のようにワタシはこの「ホワイトバランス」がどうにも苦手なもんで、極力太陽光に近いものをと色温度5000Kの電球型蛍光灯ってあるのかな?とお店で探してみた次第。

NECホタルック昼白色が5200K、三菱オスラムのルピカボール昼白色がジャスト5000K
ところがルピカボールは100W型がなかったので、前者を買ってきました。

松下のパルックボールと東芝のネオボールZにも100W昼白色があったのですが、製品パッケージのどこにも色温度表記がない。大事なスペックなのに書かないというのはどういうことなんでしょう?
カタログにも載ってないんですよねぇ……

★そーれで
じゃあこの5200Kの蛍光灯がホワイトバランスのどの設定に近いか実験。
蛍光灯以外の光が入らないように、部屋を暗室状態にして撮影しました。
被写体が、いやまぁ

上段が左から、オート・デイライト(太陽光)・タングステン(白熱球)
下段が左から、蛍光灯(昼光色)・写真用蛍光灯(昼白色)・曇天
んで、中央がマニュアルでホワイトバランスを手設定(これが基準ですな)

意外といえば意外ですが、オートが一番近似色に仕上がりました。
元々ワタシが使ってるミノルタのディマージュ7Hi自体、色設定が製品の謳い文句ほど安定していないんですよねこれが(笑)
ただ長時間の点灯でも思いのほか色調が安定しているので、真ん中のように光源を基準にホワイトバランスをマニュアル設定すればそれで充分使える結果が出ました。

今までは300Wの写真電球(東芝製フラット5000K)を使っていたのですが、真冬の深夜に窓を開放しても撮影中は大汗をかくほどのとんでもない熱量を持っていたので(真夏は室温計が上がり過ぎて壊れます)これでかなりラクになります。
そもそもそういう熱量の持ち主なので、プラモデルの変形を防ぐために撮影はさっさとやらなきゃいけなかったし、それでも黒系は塗面が焼けて色が若干変わったものもあります。

ただ、実際の撮影には光量が足りないので100W2灯並列で。ISO100で絞り込んで1秒以下のシャッタースピードを稼ぐ(銀塩だと30秒露光とか1分露光とか中判以上のブツ撮りじゃザラにある話で、てんで平気なんだがほらデジタルカメラの長時間露光はアレですから……)には150Wは欲しいかなと。

★そういえば話は変わって
本日と来週はファミ劇の「大都会25時」がお休みなんだなとふと。
日曜の夜は誇りの報酬⇒犬夜叉⇒たまに結界師、であとは特に気に留めてませんでしたが、そういえばファミ劇のこの時間帯はよく特番や一挙放送の放り込み場所にされますよね。

このドラマ、前にもなんとなく触れましたが何かにつけ何故かパトカードラマヲタ以外からネタにされるあの妙なパトカーが最近のお話で何の気なしに出てきましたね。
エンジンはマーチターボのアレですから、回ることは回るんでしょうな

だけどクルマから離れて作品設定に特化して考えると、こんなに覆面パトカーとしていい仕事が出来るクルマは他にないと思いますよ。
えぇ、秘匿性だけは抜群ですから。

ほら、どこの署とは言わないけどあるでしょう?
赤いの載せなくても、サイレン鳴らさなくても、はじめっから「我々は警察ですが何か?」って全身全霊でアピールしているアルミホイール履いた真っ黒なセドリックとか(ぉ
アレよりはずっと役に立つぞこのクルマ(笑)

だけど、それは重々分かるけど、なんだろうこの魚の骨が喉に引っかかったような感じ……
かつて七曲方面でスターレットのパトカーなんてお茶目なクルマがしかもパトカーにあるまじき赤色で出てきましたが、アレは不思議とそういう違和感がなかったんですよね……普通に「ああパトカーだね」って感じで。

いえね、パトカードラマヲタの連中は奴らにとってこんなに面白すぎるネタを何故かネタにしないんですよね。典型的な「クルマしか見てないけど何か?」な割には考証も滅茶苦茶な(いや作品背景をてんで理解してないから考証が滅茶苦茶なのか……)某サイトなんか、いの一番に↑のようなキャプチャを(著作権の逃げ口上付きで・笑)貼ってネタにしそうなのにな。

例えば彼らが三度の飯より大好きなあぶない何某で、劇場版1作目の色違い港3号の種車が同作の↓だってネタとか、全然しないですよね?
港署より千草署のほうがしっくり来るクルマだと思うのは矢張り天邪鬼な考えでしょうか?


だけど黄色のBe-1と違って、こちらやシルバーのサンタナは実際の警察でも採用経緯があったせいもあってでしょうか(実際、当時地元の佐世保署がサンタナ持ってました)まぁ特にクルマなんか気に留めてない人はネタにしませんね。
サンタナは確かに中途半端なクルマで入札もかなり安そうなイメージがあるんで、貿易摩擦解消目的で警察への納入が結構あったのではと思います。
後年のキャバリエみたいに全国で「いっせーのせっ!」って入らなかったのは多分メンテナンス性の問題でしょうか?

あー、千草署のパトカーで笑い物にされるといえばこのクルマも……
もう本当に「日本全国・日産デー」ですなぁ……

いやまぁなんでしょう、張り込みにしても尾行にしても追跡にしても、でかすぎて持て余すだろうに(笑)
んで、案の定このパトカーは作中、張り込みがばれる役・狭い路地に逃げ込んだバイクや小型車の犯人に逃げられてしまう役の定番だった印象があります。
テラノが出てきた途端、「(ノ∀`) アチャー 逃げられるの確定」みたいな(笑)
視聴者の期待を裏切らないとは、こういう事ですな(ぉ

そんなわけでパトカードラマヲタがネタにしないから、ワタシが即席パトカードラマヲタをやらせていただきました、と。
「誇りの報酬」なんかもね、所轄のパトカーなんか気にしてみるとヘンなのばっかりでネタに困らない筈なのに彼らはやれC32R31だって、そればっかりですねぇ……

★そういえば今回は長崎編
前回の熊本編と事件は違うのですがお話は繋がっているという、斬新な地方ロケ編でした。
これねぇ、撮影見に行きたいと親にせびったけど結局行かせて貰えなくてね……なのにそのダメと言ったワタシよりもずっと刑事ドラマヲタな母はちゃっかり見に行って「やっぱり中村雅俊は背が高い」とか意地悪に自慢しちゃってね。で、その話の中で根津甚八さんはこの回欠場と知って少し諦めがついたというか……でも代わりに伊藤蘭さんが来てると知って余計に見に行きたかったと地団駄踏んだりして(ぉ

んで、結局最初に撮影を見に行ったのはあぶない何某の「生還」でした。
中学生にもなると親の目をすり抜ける術を身に付けていましたから(ぉ 

梅雨が明けたのはいいのですが

いやなんか暑っついですねぇ~(そりゃ7月だもんね)

★例の「青のまきちーメガネクーペ16Ⅴ」(なんつうネーミングじゃ)なんですけど
ぼちぼち進めてますが製作記としての纏めは今暫くお待ちを。
しかしなんでしょうかこのキット、とんだ良キットでして何の調整もなしに仮組みでバシッとパーツが合っちゃいます。
1997年の発売で、当時の一連のフジミキットとおんなじ構成なんですけどなんか地雷じみた部分がまるでない。
こういうのがあるからフジミって侮れません……しかし未だに分からんぞこの車種をキット化した選定理由は(笑)

★さてそんな事で今回ネタがないんで
先週の新聞記事から。
東海道線のグリーン車のアテンダントに暴行加えた男というのが逮捕されたというニュースが、神奈川ローカルではなく全国的に報じられておりました。
主任試験合格と共に、ダイエットにも成功した娘(笑)

【画像はイメージです】

なんともおっかねぇ話です。客じゃなくて乗務員というのもナンですが、おちおち早朝の電車にも乗れない世の中ですねぇ。
捕まった男が同い年というのも哀しい話でさ(数え年ならいっこ下かな……)

いやはや、同じ車掌さんなら小田急の↓娘と(勿論双方同意で♪)一戦お手合わせ願(殴
ふた昔前のスクール水着みたいな制服のステッチラインが辛抱たまら(殴

”ロマンスカー”ってのも子供の頃からなんとなく卑猥な薫りがする名前の電車だなぁ、と思っ(殴

なんて、底無しに不謹慎な話ではなくて!!!
(いや本当にふざけちゃってすみません……)

今回このニュースでワタシが抱いた感想はですね、「あんな乗車率が低い4~5時台の普通列車のグリーン車両にも車掌は乗務してるのね」って事。
普通車ならそれなりに客は乗ってますけど、この時間のグリーンってただ繋がってるだけって感じですもんねぇ。殆どの客が検札、Suicaの電子検札で車掌の出番なしだしなぁ……
終電や始発でも下りならまだしも、せめて始発~通勤ラッシュ前の上りくらいは本車掌(って表現でいいの?編成全体の車掌さん)だけでいい気がします。

★あとね!これは前々から思ってたんですがそもそも……
東海道線とか横須賀線とか湘南新宿ラインとか高崎線とか東北本線とか常磐線とか総武線快速とか(これで多分抜けなしだな)で繋がっているあの二階建てのグリーン車両。

死角が多すぎるんですよね。

アレは前々から宜しくないと思っておりました。
今回のような事件でなくても、何らかの事件事故が起きても不思議でない。西村京太郎がなぜ殺人事件の舞台にこれを選ばないんだろうと思うくらい(ぉ
あんな閉鎖的でどこからも見えないような場所に若い女性の車掌さんひとりというのがそもそもなんか違うだろうとずっと思っていました。
普通列車に限っては、ラッシュ時・日中のグリーンアテンダント以外は男性パーサー常務のほうがいいんじゃないかと。若しくは閑散時間帯の編成は昔の1階建て(?)グリーン車にするとかね。

なんか、いろいろとおっかなくて、そりゃ電車に防犯カメラもしょうがないだろうと思っちゃいますよホント。

★それで話は変わって
たびたびこんな風に「むすめ」を箱・カード付きで撮ってますと、たまにこのテのフィギュアでポートレートとか撮ってみてなんて云われまして、今回「門田さくら」でそのリクエストを戴きました。
サイズがサイズなんで、ワーキングディスタンスを稼ぐのが大変です。

鉄警のパトカーって実際は捜査用の覆面車みたいな奴なんですけどね(汗)

いやしかし作ってよかった汎用性抜群のクレスタパトカー(笑)

こういう撮り方すれば約1/17と1/24の差も分からんかなと思いまして。


その一部なんですが、いかがでしょ?
リクエストが「門田さくら」でよかった。だって小道具に困らないもん(笑)
列車の模型はワタシ、全然持ってないから……それこそ「金沢あるみ」とか「平泉つばさ」なんかリクエストされた日には舌でも噛んでやろうかと思いましたよ(笑)

3枚目でこんなの作ってみたりしてね。
8月受付なのに冬服なのは気にしない(笑)

とりあえずコピーは「祝・機動警察パトレイバーTVシリーズCS放送決定@ファミ劇」ということで(ぉ
(しかしなんだな、ワタシゃ「俺たちの朝」「あきれた刑事」共々、みーんな日テレプラスでリクエストしたんだけどなぁ・笑)

あ、一応連絡先並びに試験会場は実際の警視庁の採用要綱に則ってますんで特に伏せも加工もナシで。

★えーと、そしたらね……
リクエストされた方から撮影のお礼にって、↓を戴きました。
こうしてまたカーモデルより在庫が増えていくのです……

静岡のレポートで「買ってもいいかなぐらいは思った」なーんて書いたもんだから、有楽町はきっと欲しかったんだろうなと思ったんでしょうね。
実際、ただ写真撮ってあげたお礼としてはたいそうなもので本当にありがたいのですが反面……

あまりに旬なキャラクターなので製作時期を逸したらなんか間抜けだよねこれ(笑)

さてどうしたもんでしょう……クルマだけでなくこっち方面も製作途中キットの渋滞状態なんだ(汗)

 | HOME | 

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。