有楽町で呟いて。

横浜の薄給独身サラリーマンがカーモデル片手にあれこれ呟きます。模型のことよりも日常のことや元々の趣味畑である「ドラマ」の話などを我侭勝手に愚痴っていきますので、おヒマでしたらお付き合いください(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場繋ぎの模型話

幕張のレポートの更新作業にかまけていてばかりで、暫く更新してなかったなと帰路の電車の中でふと思いまして、なんかとりあえずと思いまして模型関係で近況でもと。

そんなわけでこんな曜日のこんな時間の、行き当たりバッタリ気まぐれの更新ですみません。

★あ、パトが鳴いとる!?
近所で窃盗事件がありましてですね、ってことで、だいぶ前にアオシマのクラウンパトカーの記事で触れたデカールデータを貼ったらこうなったと云う顛末発表(今頃かい!)
あと車検票/検査証票(いずれも何故かキットにデカールなし)の貼付と墨入れ、アンテナの取付けで完成となります。
ライディング失敗したなぁ・・・屋根が白飛びしとる。
黒指示の殺風景な内装には小道具が効果的ですね。
”青のまきちーメガネクーペ”で大失敗したリベンジも兼ねて、もう1回エーワンのラベルシールを使ってみたのですが、なんでしょう時間が経つとやっぱり微妙に糊浮きが発生するようです。
今回は塗装済みボディのためオーバーコートに水性クリア(クレオスのトップコート)を使い吹きっぱなしで研ぎ出しもしていない(出来ない)ので、デカールが溶けるリスクは回避されたみたいです。

この水性クリアってのが曲者でねぇ、塗膜が柔らか過ぎて指紋が凹凸までべったりと付くので乾燥後も迂闊に素手でボディを触れないんですよね。
塗膜がラッカー並みに硬質になる水性クリアが発明されたら凄いだろうなと思うこの頃。

パトカーパーツをフジミのに全て置き換えたのと、あとはこれも以前に触れたようにホイール径の適正化(18インチ→16インチ)を施したのですが、後者の効果の程がいまいちな気がします。もう少し大袈裟に小径化してもよかったかもしれませんがどうでしょう?

ここまで時間が掛かったのは、折角サンルーフの穴が開いてるからと思い立ったおバカギミックのお蔭……
写真だとなんとなくよさげですが、現物を見たらガッカリするギミックです(笑)
♪昇降、商工、将校症候焼香~ 中川翔子~♪(ぉ
ホラなんか如何にも「パトも結構来とんなぁ」って感じでしょう?

でもこれ形になったら無性に初代アテンザが欲しくなります。
フジミの仕事かなぁ……今からでも遅くないから是非。

★オトナのとみか
えー、一晩○万円であんな事とかこんなこ(殴
……幕張でボンクラーズ来襲トミテクブースを拝見して気に入った2台が店頭に出ていたので買ってきました。

海藍ファンなら一家にひとつ「広島人の心象風景」ルーチェレガート
このボディのキャビン周辺の型を活かして5代目クラウンのハードトップが欲しいところだ。
えー、月並みなコメントですが……
ダッジ・モナコではありませ(殴
白と紫があって、白をチョイス。白だと純正アルミより紫のボディが履いているフルホイールカバーのほうが個人的にはイメージですねぇ。
幕張ではわざわざセダンボディに起こし直した広島警察のパトカーと広島消防の指揮車が展示されていました。その席で「当時の西日本の子供にとってはルーチェレガートはパトカーのイメージ」という話題に始終しまして、このツラでパトカーですからそらもう本当に子供心に怖かった印象があります。
先ほどのクラウンといい、最近のパトカーは子供に優しい顔付きをしてますよね(笑)
これは本家トミカのコスモAPとか初代RX-7と一緒に並べると楽しいかもしれませんね。

次原隆二ファンなら一家にひとつ「ふたりのライトウエイト」CR-X
ルーチェとのサイズ差を見ていただくため、カメラの距離とか配置とか全て上と同じ
えー、月並みなコメントですが……
そうそう簡単にミッドシップには出来ないような気がし(殴
こちらは相方に赤をねだられて買ったついでに自分用に黒を。そういえば奴はこの車と同じ年式です。
タミヤのキットがどこかにあった筈なので、ボンネットの膨らみを再現してデカール自作して同仕様を作ってみたいなぁと。
紐解くと本家トミカでは当時シビックを出していたみたいで、そのバリエーションと見てもいいでしょうね。
これが可能なら今後例えば本家のランサーに対してコルディアとか、本家のファミリアに対してエチュードとか、その辺やってくれると嬉しいな。

この2台は、トミテクでこのシリーズが存在する所以がここにある事を久々に象徴している車種選択だなと思いました。
ホラ最近のラインナップはどうにもこうにもアレなのばっかりでしたから。
(あ、でも初代カリーナはなんとなくいい線だったし初代アルトもかわいいと思う)

……と思っていたら、この商品に封入されていた5周年記念キャンペーンの案内より、その景品……
A賞というより「どうでも”ええ”賞」じゃ、ケッ!
うげー!(吐)
折角ベタ褒めしたばっかりだってのに勘弁してくれよセニョール。
しかもスタンダードで「仕様はお楽しみに!」とか……
仕様ったって既にタクシーと制服パトが参考品で出ているからスタンダードでそれ以外ってことは……
うげー!(吐)
トミテクのこのシリーズの担当者の趣味(詳細については紗緒さんのブログのレポート記事参照)から想像したらアタマが痛くなってきたのですが。

あー……誰か頭痛薬クレ(死)
スポンサーサイト

そげなこげなで行って来ましたホビーショー、の巻

ハイ、と云うことで業者招待日の金曜日と一般公開日の本日日曜日の2回、行って来ました幕張。
レポートページなどでは会場建物の外観とか会場内の俯瞰写真ばかりですんで、今回はエントランスの写真でも

本日は今回のご招待枠となりました紗緒さんととも@トヨフリちゃんとの3人で行って来ましたよ。
ボンクラーズ来しゅ(殴

★初めて業者日に行ってみたのですが
訪問者の8割強くらいが問屋さんと量販店さんでしたね。バカに分厚い注文票を手に、各メーカーさんに忙しなく走り回っては新商品を引き合いに「コレの仕入れは何掛けに出来る?」みたいな交渉をそこかしこかで取り交わしているような光景。ワタシも仕事で身に憶えのある雰囲気でしたよ。

ワタシのような一般招待者が来るのはちょっと場違いだったかなぁ、とかつい気を配ってしまったり(笑)

そういう場でしたんで、数メーカーのブース様では取材に来た出版社の人間に間違われてしまいました。
展示商品の開発経緯とか販売方法とかの質問したり、写真撮っていいかことわりを入れたり、それらのやり取りをメモったりしていりゃそう見えても無理は無いのかも知れません。
「ここで話した事は口外なさらないようお願い致します」と云った類のお願いをされたり、取材の信用性の確認的な意味合いで名刺を戴けますかとお願いされたり……プライベートで来ているんで名刺などある筈も無く、正直に「知り合いが業者さんに居て招待されてきた」旨を説明しました。

これは今回のワタシの反省点でした。勿論あくまで個人の興味で伺っているだけで、それを口外する気なんてさらさら無いわけですが、メーカー様にしてみればコンプライアンス遵守は重要事項ですからね。
今後もしまた業者日にお伺いする機会があった場合には、その辺の信用責任を示すことが出来る方法も考えて取材しなくてはなと思いました。

実際、業者日に行って見て来た情報を某2方面の模型板とかで得意になってあること無いこと書き並べている輩が居ますからねぇ……業者向けと一般向けでは展示形態や展示目的も当然、違ってきますし。
ということで、情報の口外を遠慮願う旨をお願いされました各企業のご担当者様におきましては、この場で恐縮ですが改めましてお約束は必ず守る旨をここに誓います。
(対象企業の表記もコンプライアンス遵守に背く行為となりますので控えさせていただきます)

★お堅い話になってしまいましたので
ハイここからは日曜日のお話。

ともちゃんが9時半着の新幹線でおいでになると云うことで、新幹線の改札では一番でかくて分かり易いであろう八重洲中央口を集合場所に指定。
ワタシはその10分くらい前に当地に着きまして、大抵待ち合わせの類の時には一番早い紗緒さんが見当たりませんでしたのでどこだろう?とちょっとウロウロしていたらバッタリお会いできまして無事合流。
ワタシらが改札前で待っている間に既にともちゃんも改札を出ていらっしゃって、じゃあ出たついでですからと云うことで京葉線の切符を買っていただき、3人で一路海浜幕張へ。

10時半頃の会場到着でしたので、開場時の混雑がちょうど緩和されすんなり入場することが出来ました。
今年は催事の類がございませんでしたので(石坂浩二さんが主催される「ろうがんず」の作品展示みたいなのはやっていましたけどね)、特にめいめい目的も無くひと通りのメーカーさんを回って、その中で興味あるものに遭遇したらその都度メーカーの担当者さんに説明してもらったり取材したり、という感じでした。
昼過ぎにアオシマブースにてWさんにご挨拶、暫く商品の説明も兼ねてお話をさせていただき、何だかんだで閉場の16時半まで丸々会場内を満喫して回った感じでした。

★ともちゃんもお時間に余裕があるとのことで
朝から全く飲み食いもしていませんし折角ですからと云うことで閉場後は東京駅近辺で軽く食事でもとなりました。
ここでワタシと紗緒さんが困ってしまったのが「東京ならではの食事」をするところって無いよねぇって事。東京という街は、どんな種類の食事も揃いすぎていて逆に何をご馳走してあげればいいのか考えてしまうのですね。
ワタシが名古屋方面へ出向いた際には、ともちゃんや杉田さんなどからいつも当地の名物をご馳走になってばかりいるのに、ワタシたちは逆に東京でそういうおもてなしができないなぁと。

結局ともちゃんの「去年、紗緒さんとnagaさんと有楽町さんの3人で行かれたようなお店」というリクエストに則り、八重洲地下街のキリンシティ(要するにビアレストランだ)に落ち着いちゃいました。
さすが本職だけあって、注ぎ方がワタシたちがやるのとではまるで違いますね
ビールは勿論のこと、出された軽食もそれなりに美味しかったですねぇ~

三者三様で毒吐いてばかりでしたが(ぉ

あー、つくづく普段不満が溜まってるんだろうなぁと。
総じて掻い摘むと要は「視野の狭いヲタに対する毒吐き大会」(笑)
車でも模型でも刑事ドラマでも鉄道でも写真でも云々……めいめいが普段思っていて溜まってることが次から次へと吐き出る吐き出る(ぉ
それで出たのは「ヲタをやる以上、せめて視野は広くありたいね」という反面教師的な結論でした。
これにはそういう話題になるトリガーとなったイヤ~な出来事が会場であったモンで、ええ。(別途記事にて後日後述)

★9時頃までそんなこんなでだべって
新幹線のともちゃん、JRのワタシ、地下鉄の紗緒さんと、帰路が綺麗にバラバラでしたので、ともちゃんを新幹線改札まで見送って、その足でワタシと紗緒さんもお開き。
本日1日お疲れ様でした&大変お世話になりました。お二方にはこの場で改めて御礼申し上げます。

それでは今回も某横浜の素寒貧だけなーんも用意しなかった(殴 お土産ご紹介コーナー。
まず紗緒さん
箱がきゃわいいので、食した後は小物入れに使おう……
洋菓子、ちょっと洒落た感じの薄焼きのクッキーでございました。ありがとうございます。
そしてともちゃん
中京圏出張のお土産の定番ですね!
「有楽町さんと紗緒さんへのお土産なら「なごやん」のほうがよかったですかね?」
なーんて気まで利かせて貰った(笑)上で選んで戴いたこれまた名物「ゆかり(ん)」
ありがとうございます。

ともちゃんへワタシたちから東京土産をお持たせするのが本来、礼儀なんですが(謝)

★実はこれを楽しみにしているという人も居るとか居ないとか(ぇ
ハイ今回もホビーショー内「ネタ写真」コーナー(笑)
今回はいっぱいあります。

えー、まずは去年の幕張で大爆笑だったGSIクレオスブース「色の源」紹介サンプルに並べられた「オリジナルピンキーのチャネリング」
アクリルの仕切りが入ってない業者日に撮影
チャネリングに失敗したらしく、誰のせいかと喧嘩したみたいです(ぉ
仲間割れしてみんなそっぽを向いてやんの。プププ……

人形さんが続いてアオシマブース。可動フィギュア「モビップ」を実際に動かして遊んで体験してみてねコーナーより。
場末の風俗店かよ(笑)
そうかそうか、小毬ちゃんに◎※×%$△□な行為とかしちゃっ(殴
よしーそれならおぢさんが恥ずかしい格好にしてあげるよエヘへへへ
……と云うことで志村けんの「アイ~ン」のポーズでも取らせてみようとしたのですがなんか不思議なパーツがあるなぁと手に取ったら「ぱんつ」だったという赤面オチもあったり(ぉ
肘の可動はこれが限界のようです。残念(何がよ?)
見ようによっては「ストレンジアンクル(ヘンなおじさん)」の踊りのポーズにも見えたり。なんでそんなに志村けんに拘るんだアンタは(笑)
その一方では爽やかな笑顔で飛び蹴りかましていたり。楽しいなぁ(ぉ

そんなこんなで(どんなこんなで?)普通にあちこち見て回っていたら、遥か彼方おフランスから何故か「あのお方」がお見えになって方々の企業ブースで愛想振りまいていたり
つい「ビハンダム」と呼んでしまいがちですが今は「ミシュランマン」ですね。
え?「中の人」ってなんですか?

これでネタは終わりかと思いきや、最後に閉場後の撤収作業@トミーテック
借り物と云うことでバカ丁寧にスタッフ数名で慎重に押して移動している実車展示の長谷見Zを他所に……
アルト君を下敷きにしてしまったグロリアタクシーをウケケケケと嘲笑いながら写真に収めていた紗緒さんが実に楽しそうでした(笑)
その経路を作るために隅に寄せられたミニカーの展示台の中。
これは映画「地震列島」のロケ現場ジオラマですか?(ぉ
折角お披露目した自社の目玉商品なんだからもっと大事に扱おうよ(笑)

とまあ、こんなしょーもない事にも楽しんできた今年の幕張でした。
例年より人の入りが少なめで、企業側も特に目新しいもの目白押し、というわけでもございませんでしたので、いろんなメーカーさんで長い時間お話しても1日でだいたい全部回りきれた感じでした。

では各メーカーさんの詳細につきましてはレポートにて……取材しまくったので今回は情報量が半端でないのですが、頑張って纏めます(汗)

9月は殆ど書けずに終わっちゃいましたね……

10月ですね、「有楽町」です。
いつものように日曜夜の更新でアップする筈だった本記事ですが、編集がほぼ終わったところで突然本文が綺麗に消えてしまいました。
実はFC2ブログではしょっちゅう起きるエラーなんです。ま、無料なんで文句は言えんのですが。
そんなわけで1日ずれで本日のアップでございます。

★土曜日
以前触れたファミ劇のGメン’75最終回。
谷隼人と岡まゆみの兄妹に梅津栄の父親というキャスティングと、10年前のコールガール殺人というくだりはなんとなく覚えていたのですが大筋がどうだったか記憶になくて、お蔭で今回その確認も出来ました。
最終回でスペシャルまで組んだ割には締めがなんだか投げやりで呆気に取られましたが(笑)
そういえば岡まゆみって’82でも篠田三郎の恋人役か何かで出演してませんでしたっけ?

その後の太陽にほえろ!がまた不思議でした。なんで今この時期に山さん殉職なのかと。
通常進行の80本ほど先のお話、今やらなくても来年の夏休みか秋頃の特番としてピッタリ収まる筈なのですが。
石原裕次郎23回忌特番で最終話(PART2をカウントするので「最終回」とは触れないでおきます)を先に流しちゃったり、ファミ劇の太陽にほえろ!の進行はいまいちよくわからない事が時々起きます。
ここで挙げた2本はいずれも次回予告が流れていないのですが、さて通常進行でもちゃんと飛ばさずに順番通りやってくれるのか気になります。

んで、気になるのを他所に30時までマクロスF一挙放送@アニマックス、とか観ちゃって寝不足な日曜日を過ごしたり(ぉ
あー、前にも同じような事ありましたね。なんでしょうか時々アニマックスってチャンネルは人を眠らせようとさせない確信犯的な編成を組んできます。
(って、こちらは初見じゃないんだけど・笑)
ワタシャこれの12話が大好きでね。回ごとに違うエンディングのなか、ランカちゃんVer.の「愛・おぼえていますか」は一番のお気に入り。中島愛は確かこれがデビューだったと思いますが、ランカちゃんの思春期特有な不安定さを巧みに表現した演技など、とてもそうは思えない声優さんだなと思います。ストーリー上肝心な部分となる「歌」もしっかり歌えてますし。

……と、ここまで書いてふと思いましたが、今年って初代(という表現でいいの?)マクロスの作品設定上の時間軸(西暦2009年)と同じ年なんですね。

★それで来週から
10月恒例「ファミ劇の放送枠改変」がございまして、件のデカ劇場だとワタシが視聴している太陽にほえろ!の通常進行が特捜最前線を流していた枠(24:00~26:00)へ移動。
HDリマスター進行の太陽にほえろ!→西部警察2本→Gメン’82→ルーキーコップ→通常進行の太陽にほえろ!2本、の流れ。観たいのとどうでもいいのが綺麗に交互に並んでしまいました。
それでもルーキーコップは初回だからまだいいとして、もう3巡目で本当にどうでもいい(?)西部警察はどこか他所の枠へ飛ばしてもいいんじゃないかと。以前にも触れましたが、何度もやっている番組の放送枠を大事にする義理が一体どこにあるんだか(笑)
夜が遅くなってしまうのも辛いなぁ……だけど本当の懸念事項はファミ劇内の話ではなく

折角念願叶ったTBSチャンネルのCLANNADが見事に被っちゃうこと

……ですねぇ。
キッズステーションから放映権を買い戻し、という噂はなんとなく耳にしていましたが、今更TBSチャンネルではやらんだろうなと思っていましたので寝耳に水の出来事でした。
従来のkey作品枠(初回・金曜22:30~/再放送・翌週金曜4:30~)でまーた「出勤前に前回のおさらいして帰宅後に観る」というダメダメな金曜日を過ごすのかと思いましたけどね(笑)
しかも今回は再放送なし。CSでノーリピートってリスクが高いですねぇ。
七曲署側をリピートで消化ってことになるな。ただ、来週だけは……

件のマクロスF一挙放送の後半も被っちゃう

一挙放送だからこちらも勿論リピートなし。
ていうか3本とも初見じゃないんだからそんなに悩まなくてもよかろうて(笑)

★またこの話ですみませんね。
こないだVol.8についてちょっと触れた気がしますが、今回はコンテナコレクション。
今回は予約購入でしたのでカートン単位、鉄むすものではDSのゲームソフト以来二度目の予約購入です。
鉄むすのカートンと大きさが揃っていれば整理しやすかったけど、それは無理な我侭ですよね
べっ、別にカートンのデザインがきゃわいいからとか、そういうんじゃないんだからね!
(記事を読んだ皆様の心の声:「あー、要はそういうことか」・笑)

因みに、ワタシが買ったカートンの梱包内容は、こうでした。
(下がカートンの開け口側ね)

みゆき20フィートありす20フィートつくし20フィート
つくし40フィート(バリエ)シークレット20フィートみゆき40フィート(ノーマル)
シークレット40フィートありす40フィート(ノーマル)ゆの20フィート
まい20フィートさくら40フィート(バリエ)ゆの40フィート(ノーマル)

 

カートンだけというのも楽しみ半減って感じでしたので、個箱でもふたつ購入。
個箱のほうは門田さくら40フィートのノーマルと柏木ゆの40フィートのバリエーション、でした。
20フィートのコンプリートを目指したかったのですが残念……意外とあっさり出てくるように、シークレットの混入率は案外高いみたいです。
ただ、そのシークレットなんですけどね……
ただ、現実的なデザインとしてはこれが一番アリなのだろうか?
こんなの「電撃大王」誌の読者応募限定品かなんかにしろよ(笑)
いやもう、みぶなつきセンセの絵目当てのクチにとってはずっこけずにはいられないシークレットでした。

しかしこのコンテナコレクション、タンポ印刷の質がバラバラでして、1箱に2個入っている20フィートコンテナだとそれがよくわかります。
無塗装のコンテナキットを用意しデカールを自作すれば簡単に作れそうな気もしますねぇ……
ところで例に漏れずコンテナ貨車の模型も1/150スケールのコンテナトラックのミニカーも持っていないワタシ。
これ、どうやって遊ぶのさ?(ぉ

★あ、電撃大王
……今回のネキタダはある1コマが非常にツボでしたのでそれだけ語らせて下さい。
みずほ部長がたから嬢の伯父さんから借りたレンズをとみかと一緒になってベタ褒めする1本より1コマ目……
カメラボディはペンタックスK-7+バッテリーグリップD-BG4、ですね。
「見た目もナカナカに渋い」というこのレンズは作画からペンタックスの FA77mmF1.8 Limited と判断できますが、それよりも写真の色についてレンズが「よく拾ってくれる」と表現するみずほ部長は流石だなぁと思いまして。

高校時代、相方がよくこの表現をしていたのです。
「今度ポートレート撮るんだけど、ズイコーは肌色をあまり綺麗に拾ってくれないから有楽町のRTSll貸してよ」
みたいな感じで。このコマを見るにつけ、よくよくよう似とるわと可笑しくなってしまいました。
このコマ、写真をプリントした印画紙ではなくパソコンの画面とかで観ている絵ヅラだったら一気に駄作に成り下がっちゃいますね。
しかしレンズの違いだけで色の良し悪しが見極められるとみかといい、新聞部に籍を置くには勿体無い人材……御堂って確か写真部、ありましたよねぇ?

ところであの4コマ目、タイトルがM9なのにたから嬢が手にしている「デカいライカ」はSLR?んぅ?
と思ったらセンセご本人が公式で訂正されてましたね。
だけどR9ってあるのねぇ……ワタシャ、ライカのSLRは銀塩35ミリ判のR8までは辛うじて知ってますが、触ったことあるのはフルメカニカルのR6.2までで……ん~最近のカメラはわからん(笑)

★さて10月なんですが
今年も今年とて、アオシマのWさんから届きましたよ。
今年のチケット&パンフデザインはちょっとクールですねぇ
そう、今年はちょっと早いんですよね。お蔭で名古屋とのインターバルに余裕が出来ました。

それでですね、去年紗緒さん招待分がタッチの差で「割引券」になってしまったのをWさんが余程気にされたのか今年は……
きっとメーカーさん毎に割り振られている数が決まっているから、こうして在中数を記して整理しているのかなと思います。
3部在中

まーたこんな土壇場になってしまって恐縮ですが、今年も去年同様に招待券欲しい人募集します。
一緒に行きたい人、千葉に土地勘のない有楽町が一緒だと面倒だからひとりで行く(笑)って人、用途は問いません。2名さまご招待。
去年同様、未公開コメントにてご連絡願います。

因みに今年ですがワタシは2回行ってみようかと。
たまたま業者招待日の木曜日に有休が取れたので、いっぺん一般日との違いを見てみたいなと。
取材も(比較的人が少ないであろう)こっちのほうがし易そうだし、来ている人も殆どそういう人だろうし。
一般日は土日のどっちにしようか……だいたい土曜日が多い気がしますけどね。


【本文中の個人名につきましては敬称略にて失礼させていただきました】



《今日は遅出なのでこんな時間に出勤前追記》

招待券につきまして1件入りましたのであと1名で。
ともちゃん分ですが、こちらの日曜日が空けば当方持ちでご招待致しますんで割引券で宜しいでしょうか?

また詳しくは夜帰宅後にコメント返信にて。では行ってきます。
《2009/10/6 7:25 追記》

永遠の1/2

ちょっと間が空きましたが前回の続きです。

今回の帰省には周遊きっぷ(佐賀・長崎エリア)を使いましたので、折角だから佐世保以外にも足を伸ばしてみようかなと、なんとなく考えたり……

★15年振りの佐世保
ワタシが住んでいた頃の繁華街は当時日本一の長さ(のべ1000m)を誇るアーケードを中心とした地域でしたが、大型店舗の郊外出店や駅前地域の都市化が物凄いスピードで進んでいる今ではすっかり静かな地域になってしまっていました。
撮影したのが早朝ってだけで、別にシャッター商店街ではないですよ

とりあえず行ってみたかったのは鯨瀬埠頭。
佐世保駅の裏手に面し、当時は駅裏の引込線と鮮魚市場を挟んで潮くさい道を暫く歩いて辿り着く場所にありましたが、前回触れた通り駅周辺が整備されて海側の出口から横断歩道1本で行けるようになりました。
高校時代はここがワタシらのデートスポットで、よく休日に望遠を一脚で担いでカモメの写真を撮りに行ったり、アメリカ独立記念日の花火を観に行ったりしました。
”はじめてのチュウ”もここでしたねぇ(照)
当時は最新設備だったターミナルビルですが、今では第二設備となり……
思うに、佐世保で一番お洒落なビルだったかもしれない(笑)
現在メインで稼動しているターミナルビルは駅側のほうに立派なのが建っていました。
横浜の大さん橋埠頭のターミナルみたいに、屋上が芝生敷きの広場になっていました。

駅前のバスターミナルに掲げられていたこの看板にビックリ
早朝に撮ってるから色がいまいち・・・
イメージとしては深川とか佃島辺りの個人経営の町工場でトンカントンカンやってる感じだった。
ヒルズのあの「変態手すり(ぉ」は佐世保製だったのかよ!(笑)

バスといえば未だに旧塗装の市営バス(’83頃~’90頃)が現役で走ってるのに驚きましたね。
バスの型番とか知らんけど、少なくとも小学生の頃から走ってるぞこの型(笑)
「佐世保22 か~(3桁)」のナンバーを掲げているので、配属から一度も車検を切っていないんですねぇ。
なかには同じような古いバスで「佐世保200~」を掲げている車もありましたよそういえば。エンジンとか内装とかの更改を行うと車検が一旦切れるんでしょうか?

そうそう佐世保と云えば頑なにある全国チェーン店を出店しない都市として有名だったのですが……
この夏に数店舗オープンしたんですって「吉野家」

★さて佐世保以外はどこに行こうかと思い
北回りは平戸と唐津、南回りは長崎に行くことにしました。もう少し時間に余裕があれば島原とかも回りたかったんですけどね。
ところが平戸~唐津は天気に恵まれず、行って帰るだけ状態で終わってしまい残念。
平戸も島まで渡ると昔と殆ど変わらない景色が広がります
平戸大橋は昔から無料化するか否かを悶々と議論していますが、未だに現状のままでした。
路線バスは通行料、取られなかったんだっけかなぁ・・・?
変わらないといえば松浦鉄道のたびら平戸口駅。鉄道模型のローカル駅のプロトタイプって感じの佇まいです。
駅周辺が子供の頃より狭く見えたのは、やはり年取った証拠だろうか?
沖縄のモノレールは駅的には最西端にならないのかな?
今年は貿易400年だとかの記念で「平戸オランダ年」だそうで、そのラッピング列車が1両だけ走ってるとか告知されていたのですが、乗ってきたのがまさにそれでした。
こんな最果てのローカル線ですが、トミックスからこの車輌の模型が出ていたり

★気を取り直して唐津へ
……行ったものの、天気は一向によくならず結局駅でお土産だけ買ってお終い。
実は九州って古くから高架駅の多い地域なんですよ。
唐津の電車といえば「鉄」の方なら常識なのかもしれませんが、交流電源の九州で唯一の直流電源区間を持つ筑肥線。福岡市営地下鉄に直接乗り入れしていて、その関係でここだけ直流なのです。
福岡市営地下鉄の車輌はだいたい姪浜止まりで唐津までは来ないので、唐津に入るのはみんなJRの電車ですが、どんな電車だったかは記憶にありませんで……
九州の電車は車輌の型式?を車体にデザインするのが多い。七曲署のFFセリカみたい(笑)
んー、こんなケレン味溢れるデザインの電車だったかなぁ?と。
外観より凄いのは……
ベンチ状のシートを一座分ずつ区切ったのはポピュラーですけどね
通勤電車にあるまじき一座独立状態のロングシート!
実用性云々はさておき、工業デザインとしては素晴らしい。例えば座席のない箇所(ドア付近とか)の吊り革って普通は車体や座席を基点として四角状に並ぶのですが、九州の電車の場合はなんとサークル状に吊り革が並んでるのです。乗客は座席のない空間でちょうどチャネリングでもするような感じで吊り革に掴まるのですね(笑)

以前のサンルート清水のエントランスではないですが、この唐津駅でも「微妙にシンプルな」ほのぼのイラストを発見。ワタシャこういうユルいの大好きさ♪(ぉ
そうだ唐津から博多って通勤圏内だなぁ
それぞれアップにしましょうか……
短足だ(笑)
ビジネスマンのヒロシさんはワタシと同い年。ワタシよりちょっと背が高くて重たい模様
実際には顔に落書きがされていたのですが修正しました。
OLのユキエさんはワタシの相方と同い年。この人も背が高いですねぇ

この人たちみたいな名前は付いてなかったけど、通学バージョンもありました。
髪のギザギザ感が凄いな(笑)
「便利くん」(推定:高校2年生)
そうそう!佐賀の女子高生って総じてこんな感じ(笑)
「お得ちゃん」(推定:高校1年生)

いいなぁ、社員デザイナーの作なのか唐津駅員の作なのか知らんけど、この微妙にユルい感じがきゃわいい。変に萌えに媚びず「万人向け」を狙った絵柄デザインも「○」だと思います。

★で、結局
こんな天気でしたので長崎は横浜へ帰る帰りがけに寄ることにしました。
早朝の初電(6時!遅っ!)で佐世保を出て9時ごろ長崎入り。で、昼過ぎくらいまでの数時間でぶらぶらと。
初めての場所でもないので今更回るところなんてなくて、あー、昔と変わったなぁとか全然変わらんねぇーとか、そういうのを確かめる程度に市内をぶらぶら。
京都駅の大改装に近いアプローチを感じる改装振りです。
長崎駅も高架化が計画されており、それに先駆けて駅舎がすっかり改装されてしまっていました。
昔の、歩道橋広場からちょこんと三角形の屋根が見えるあの駅舎が終端のターミナル駅っぽくて好きだったのになぁ……
高架化されると現在、長崎港側に扇状に広がっている車輌基地が丸々駅側に移動して2階建て構成にでもなるのでしょうか?
あの三角形に広がる線路群がまた、高台から見た時の長崎駅の象徴だったのですが。

何はともあれ市内移動は路面電車です。バスも殆ど同じルートで路線を持つのですが、金額的にも本数的にも断然こっち。
バスは電車が走ってない住宅街等から電車の駅までのリレー移動に用いられることが多いです。
長崎で免許を取ると、路上で最大の難関となる「併用軌道区間走行実習」
自動車の信号と同時に、電車の信号も見極めて走行します。大きい交差点はどれがどの信号やらで目が回りそう(笑)
不慣れで立往生なんてのはでも、そんなに珍しくないですね。
ワタシはこれがイヤだったから社会人になってから免許取ったの(ぉ

しかし、帰ってきて最も衝撃的だった事実がここに……
金額以前に「ワンコイン」であることが魅力だったのに
値上げかよ!
物心付いた頃からずーーーーーーーーーっと「大人100円・子供50円」が定着していたので、ましてや日常毎日使っている地元の人はもっと戸惑うでしょうね。
そいでもって、乗ったら乗ったでその乗った電車を先頭に……
架線補修で運休の間、各駅では社用車が軌道を塞いで待機していました。
架線断故障で一時運休とか(笑)
ま、小1時間くらいでささっと直って復帰しましたけどね。

富山ライトレールのポートラムのような、広島電気軌道のグリーンムーバーll のような、あの例の新車にも乗ることが出来ました。2両でなく3両連結というのがポイントマイナスですが、かっこいい。
もう時代は超低床電車ですよホントに、全く、もう……
従来の電車とは1編成当たりの輸送量もまるで違いますしね。

路面電車でぐるっと回った後は、高校時代の相方と落ち合って市内をぐるっと回って貰いました。
ワタシが佐世保に帰ってくることも、横浜へ帰る前に長崎へ寄ることも、うちの母が彼女に話しちゃったのです。全く余計なことを……
元カノとのデートが帰省の締めというのもなんだかな。
それで車を出すというので自前で来るのかと思いきや、仕事の車……
公用車だから番号ぼかす必要はなかっただろうかさて?
いやいやいや!営業車のライトバンとか軽ワゴンとかとは「仕事の車」の毛色が違うから!

……で、本当にパトカーで連れ回されたのかと云うとそうでなく、これは自署から分署への回送という顛末でした(ぉ
車は駅のパーキングに緊急指定扱いでない「社用車」(←あの人たちの呼称)を停めているとのこと、やれやれ。

★帰路は新幹線でしたが
博多までの「かもめ」号が素敵でした。
普通の「かもめ」と「白いかもめ」というのがあって、これは後者
ロゴデザインがカッコイイ
座席は総本革張りで大振りの、電車の座席と云うより飛行機のビジネスクラス風情の座席でした。
これが佐世保発着のしょぼい「みどり」号と距離差以外で運賃差が発生しないのですからバカらしいです。次の機会からは肥前山口までこっちを使おう……
車内販売のコーヒー(300円)も非常に美味でした。
座席にテーブルが着いているのに気付いたのは博多に到着する直前だったり(笑)
カップも専用デザインだし。
あー、なんか気が付いたら7割がた列車の話でしたねぇ(ぉ

★おまけ
追い討ちでおまけまで列車の話ですが……
博多で帰路の新幹線を待っているときにホームの発着掲示板にこんな表記が。
編成の短い新幹線とか走ってますよね、西日本。
「ひかりレールスター」
……こちらではとんと縁のない名前。
……海藍センセがやたらと好き好んで作品に織り込んでいる新幹線。
新長織は位置的に新幹線、JR東海の管轄のような気がしますが。
空飛ぶ駅ビルから発車したり……(ぉ
新長織は位置的に(略
駅ガサ切らして困っている熟れ熟れのマダムの背景に掲げられたポスターとか……(ぉ

一体どんな新幹線なんだろうかと14番線でじっと待ってみる。
ノーズがえらく長い電車でした。
来ました。
初めて見ました。
博多~新大阪間の、本当にJR西日本扱いで運行される列車です。
広島人にとっては、こちらのほうが身近なんでしょうねぇ……

はあ、今回は写真だらけで妙に縦に長いぞ(汗)

 | HOME | 

プロフィール

有楽町マリオンのからくり時計

Author:有楽町マリオンのからくり時計
1973年式・CVCCよりもTT-CCよりもNAPSよりも低公害な(?)横浜男。但し燃料を入れ間違えたらとてつもない毒を吐くので注意しましょう(笑)
クルマのプラモデルとドラマとテレビ東京とかわいいものが大好き。媚びてる物と固定概念が大嫌い。絵に描いたような天邪鬼。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。